MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[981] [980] [979] [978] [977] [976] [975] [974] [973] [972] [971]

レッドティントのC-UNITは現在私が使用している、クリアの6’2”のC-UNITと同じサイズのハル・スタビーです。そして、美味しそうなカプチーノティントのC-UNITは先日到着したハル・スタビーです。

同じモデルですが、この2本のボードはシェイプが違います。レッドティントのC-UNITはトライプレーンハル。直進時と左右のターンのときのボトムのプレーニングエリアを3面持っているボトムです。ハル・スタビー特有の滑らかなダウンザラインの感覚にマニューバをプラスするコンセプトです。

トライプレーンの抵抗が無い軽く滑らかなカットバックは何度も体験済みです。乗り手によっては、マイケル・ピーターソンばりのカットバックも可能かもしれません(笑)

一方のカプチーノティントのC-UNITはディスプレイスメントのボトムにテールまでシングルコンケーブを施したものです。スプーンノーズの後からシングルコンケーブが始まり、テールエリアはごく浅くフラットに近くなって終わっています。回転性を犠牲にしても、より速いスピードとドライブ感が楽しめるコンセプトのシェイプだと思います。


そしてレールのシェイプの僅かな違い。これはたった今発見しました。初めて手に持ったときから何か違う印象を持っていたのですが、モヤモヤしていたものがすっきりとした感じです。

カプチーノティントのシングルコンケーブのC-UNITのレールはほんの僅か…数ミリですが、ボトム側のボリュームがレッドティントのトライプレーンハルに比べ増えています。今回入荷したもう1本の6.6のC-UNITも同じでした。これはとても興味深くて、面白い差です。

カプチーノティントのC-UNITはレールのボリュームをボトム側に僅かにプラスすることによって、レールがルースになりすぎずスピードをキープし、レールのコントロール性を向上させていると考えられます。ボトムがシングルコンケーブ~ほぼフラットと水の抜けが良くなった分、クリスがレールに施したマジックです。ほんの数ミリの差ですが、レールを長く使うハル・スタビーではその差はしっかりと実感できる差だと思います。

クリス・クリステンソンというシェイパーの奥深い部分がまた見えてきたように思います。キヨモさん、クリスにこのシェイプの差、ぜひ聞いてみてください。

さあマニューバのハル・スタビーとスピードとドライブのハル・スタビー、どっちをチョイスしますか?

シングルコンケーブバージョンも乗ってみたいなあ~。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!