忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340] [339] [338] [337]


アンドリュー・キッドマンからメールが届いた。昨日までスペインに行っていたらしい。新しいフィルムの撮影?

彼のSWIFT SURFBOARDを欲しいので何度かメールのやりとりをしているのだが、今日のメールの中にこんな言葉があった。

「日本にいる間に日本のシェイパーに会ったけれど、彼らは素晴らしい技術を持っていて私よりいいフィッシュを削れるはずだ。日本のローカールサーファーには日本のシェイパーが削ったボードを勧めるべきだと思う。」…と。

もちろんSWIFTの話は少しずつ進展してはいるが、こういう言葉をもらう度にアンドリューのサーフィンとそのカルチャーに対する理解と思いが伝わってくる。

もちろん、メネフネにはカツカワミナミというローカルシェイパーがいるよ、と返事をするつもりだが、ここのところすっかりサボってしまっているメネフネニュースレターの4月17日号(気が付けばもう二ヶ月書いてない…すいません)で書いたことと同じことを言ってくれているので、ますます彼のファンになってしまった。

そこで今日の一枚はこれ。

デザイナーでありアーティストであるアンドリューの奥様が作ったボードケース。これにフィッシュを入れて部屋に置けばサーフボードがオブジェに変身。クルマの助手席でもカッコよさそう。ハードなトランスポーターとしてではなくそんな使い方が良さそうです。欲しい人はここから

アンドリューのSWIFTは、22~3万円くらいになりそうな感じです。カスタムオーダーしてみたい人いますか?

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
いいですね~
先日お電話をさせていただきましたマサヒロです。アンドリューの言いたいこともなんとなく理解できます。アンドリューの板が早くもオーダーできそうですか?
まさひろ 2007/06/18(Mon)09:35:51 [編集]
SWIFT
こんにちは。コメントありがとうございます。
オーダーはもう可能です。フィッシュでもプライスがロングボード並みになってしまいますが…。

アンドリューはサーフィンが始められてから40年以上経つ日本で、カリフォルニアやハワイのように独自のカルチャーを感じたんだと思います。自分たちのカルチャーを大事にしろっていうことなんでしょうね。
menehune 2007/06/18(Mon)17:52:49 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!