忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
4 6
13 14
16 17 18 19 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83]

今日のランチは、トマトと卵の炒め物と人参サラダ。それに玄米ごはんのチリメン混ぜに梅肉少々。なにやらべっちょり見えますが美味しかったです。

トマトとタマゴ??と思うかもしれませんが、トマトの酸味とオイルで炒めたタマゴの甘みが絡み合って絶妙な美味しさ。どんぶりご飯の上にかけてもグッドです。作り方は簡単。
1.中華なべにオイルを気持ち多めに。
2.火は強火で白煙が立ち始めるくらい熱する。
3.溶き卵を入れふんわりするように炒める。(コツは一気に全部いれないこと。半分くらいづつ加える。オイルと接しているところがふわっとなってくるので内側の生の部分を外に出すようにしていくと全体的にふんわりできます。)タマゴは半熟をちょっとすぎたあたりで別の皿へ。
4.ナベに残っているオイルにほんの少しだけオイルを足しまた熱々に熱する。
5.塩を適量熱いオイルの中へ
6.塩を入れるとジュワっと大きな音がするのですかさず切ったトマトと放り込みます。(盛大に火が上がることもあるのでご注意。)
7.数十秒でトマトからでたオツユがトロッとなってくるので最初のタマゴを加えて、好みの硬さまで火を通して完成。味付けは最初の塩だけです。

豚コマを加えてもコクがでて美味しいです。材料と味付けがシンプルなので火とオイルの使い方が重要。実は私、炒め物大好きです(食べるのもそうですが、オイルで騒々しく炒めるという行為が好きという意味)中華料理屋よろしく炎の競演をやって女房をギョッとさせることもしばしばです。この料理にトライするときには皆さんくれぐれも焼けどと火事には注意しましょう。

人参のサラダは晩ご飯の残り、冷蔵庫に人参が4本も残ってしまったのでトライしてみました。おいしいのでレシピご紹介します。
1.人参はチーズおろしで千切り状に切る。チーズおろしを使うと表面に味が染みやすいのと、人参独特のコリコリ感がふわっとした食感に変わります。
2.調味料を調合
材料:すりゴマ、オリーブオイル、カレー粉、コリアンダーパウダーまたはクミンパウダー(無くても可)、ビネガー(酢、レモン、ワインビネガーなど酸味がつけばなんでも)、塩 こんな感じを適当にまぜあわせて1.の人参と混ぜて出来上がり。カレーのピリと酸味で食欲が出る付け合せです。人参嫌いな人も試してみてください。

ちなみにカレー粉はスリランカの「カレーの壺」を使っています。カレーの壺はスリランカの人が日本のカレールーにヒントを得て、スリランカで有機の素材を使い無添加で作っているものです。日本でも簡単に手に入りますのでネットで検索してみてください。チキン、ミート、野菜用があってカレーにうるさいあなたも納得のおいしさです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!