MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(07/06)
無題(返信済)
(06/08)
無題(返信済)
(06/07)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1062] [1061] [1060] [1059] [1058] [1057] [1056] [1055] [1054] [1053] [1052]
クリス・クリステンソンが日本のサーフボードメーカー「MALIBU」の古いロングボードをリシェイプしたハル・ボトムのブラック・ボード。


やっていることは、60年代の終わりごろのサーファーと同じ。当時はフィル・エドワースシェイプのロングボードでさえ惜しげもなくラミネートを引っぺがされ、短く切られてリシェイプされてしまっていたと何かで読んだことがあります。フィッシュだって最初はそうやって作られたんでしょう。

そう考えていくと、これこそ本物のトランジションボードなのかもしれません。もとのマリブは相当に太いレッドウッドのストリンガーを使っていたらしく、重量は結構あります。


黒いボディにクリステンソンサーフボードのロゴがきれいに映えています。赤いフレックスフィンがテールから8インチのところにグラスオンされる予定。
(追記7月29日:画像のディケールですが、クリステンソンは日本のMALIBUサーフボードをリスペクトしてノーロゴで作る予定だったのが、間違って入ってしまったようです。現在はノーロゴに修正されているはずです。)

他にもクリスがシェイプしていったボードをチェックしてきましたが、ラミネートされる前の生(き)のままのC-UNIT、めちゃくちゃカッコイイよかったです。レール、ノーズ、テール、コンケーブ全てがよりシャープでした。オーダーいただいた方々のボードも撮影してきたので後ほど送ります。

画像は、30年以上昔のクラークフォームのブランクスをシェイプする池田潤さん。SUPできる大きなキャスパーを作っているそうです。いつも面白くて、新しいことにトライしているプロロングボーダーという枠に収まりきれないWATER MANです。


明日(25日・土)、午前中病院に行ってくるのでもしかすると30分ほど開店遅れるかもしれません。明日は少しだけゆっくり目にご来店ください。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!