MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1297] [1296] [1295] [1294] [1293] [1292] [1291] [1290] [1289] [1288] [1287]
最近のお気に入りはコレ。マジックボード「パイポ」

足ヒレをつけて腹這いでボディボードのように乗りますが、ボディボードとは違う感覚です。乗り方が似ていても波の感じ方が違うのは浮力のせいだと思います。パイポは浮力がほとんど無いせいだと思いますが、波をより強く身体に感じます。波を滑る「SLIDE」そのものが身体に強烈に伝わってきます。浮力が無い板切れ(ちゃんとシェイプされていますが)ですごいスピードが出てしまうのも不思議な気がします。

ジョージ・グリノーのスプーンもレールに浮力を持たせているだけで、ボトムは浮力が無い樹脂だけですから、きっとパイポと似たような感覚で滑っているんじゃないかと思います。

そしてスタンディングでスプーンを乗るのがディスプレイスメント・ハルです。そのハルの感覚を突き詰めた「デス・ボード」と呼ばれるハルが極端に薄くなっているのもうなずけるような気がします。

これらはまだ自分の中で漠然としたイメージしかありませんが、一般的に考えられているサーフボードと浮力の関係とは、違うベクトル上にあって不思議な感じがしています。

どうアプローチすればいいのかまだ分かりませんが、面白そうだと思いませんか?スプーンに乗ってみたらなにか分かるかな?



入荷情報です。パームグラフィクスのポケTが入荷しました。ポケットのボーダーがカワイイでしょ。アップロード少しお待ちください。


それから、ユーズドボードが2本。私のです。2本とも調子良いボードですがネクストボードのために放出です。よろしくお願いします。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!