MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3
7 9 10
17
24
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1314] [1313] [1312] [1311] [1310] [1309] [1308] [1307] [1306] [1305] [1304]
ただいまラミネート中のエッグツインも早く試してみたいのですが、今はタイトルの3本に乗りたい気持ちがムンムン。

しばらくニューモデルのPRIMO 8’0と5’4”のミニシモンを試していたので、スタビー系はご無沙汰でした。

店にも1本、これぞディスプレイスメント・ハルというシェイプのハルがちょうどあります。ロールボトムにうっすいレール、Sデッキでノーズとテールが薄く削り取られた、ハルの挙動と扱いに慣れている、ハル上級者用のシェイプです。乗り手の技術と性能を引き出せる波のクオリティがマッチすれば最高に気持ち良い波乗りができると思います。

カツさんのトライプレーン・ハルとクリスのC-UNITは波を選ばないもう少しフレンドリーなシェイプです。私にはこの辺がちょうどいい。

クリスのC-UNITはロールボトムにコンケーブが入ったボトム形状で、ディスプレイスメントボトムではありません。でもフィッシュなどよりは薄くアッパーにシェイプされたレールとスプーンノーズ、スタビーなアウトラインはハルの感覚を十分に残しています。

テイクオフして波のフェイスをスピードを付けて走り抜けて、スピードを付けたまま思い切りカットバックして戻ってきてくれるお気に入りの1本です。

カツさんのトライプレーンハルは、コンケーブは入っていないコンベックスボトムですが、ディスプレイスメントのロールボトムとは違い、レール側とセンターそれぞれに「面」を取ったトライプレーンのボトムシェイプになっています。それぞれの面がターン、ダウンザラインで働いてコントロールがしやすくなっています。レールにもボリュームを加えています。

わずかな違いに思えるかもしれませんが、ジョージ・グリノウのスプーンが初期のディスプレイスメント・ハルのボトムから、より広いコンディションで使えるようにレール近くのボトムにエッジを加えたデザインへと変化してきているのを考えると、違いが想像できると思います。

両方とも単純に楽しいボードです。

ディスプレイスメント・ハル寄りの感覚が強いのはカツさんのトライプレーン・ハル。クリスのC-UNITはもう少し安定感があってマニューバしやすいボードですが、どちらも速いのは同じです。

それからパイポ。本当のハワイのパイポはもっと大きくて幅が30インチくらいあったりしますが波も身体も小さいので私のパイポは小さめ。

波のキャッチングは結構イージー。浮力が少ないのでボディサーフィンに近く、波を滑る感覚を強く感じて波に乗れるのが楽しいところです。

明日は、午後一瞬だけ北寄りに風が回りそうな予報です。波乗りしたいですが、ずっと海で待ってるわけにも行かないので仕事することにします。オンショアが収まれば、金曜あたりがいいのかな?

波乗りしたいです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!