MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1437] [1436] [1435] [1434] [1433] [1432] [1431] [1430] [1429] [1428] [1427]

フィン倶楽部通信第二弾はニーボードです。ニーロとはニーボード乗りのことを言います。なんだかカッコイイでしょ?「ニーロ」の他に立ち上がらないせいか、ハーフマンなんていう呼ばれ方をしたりもします。サーファージャーナル誌では、「絶滅危惧種」というタイトルで特集が組まれたこともありました。

いまどきのサーフシーンでは、マイナー路線まっしぐらのニーボードですが、サーフボードの進化の過程においては革新的な存在だったのです。

サーフボードが「ログ」と揶揄されていた時代、ニーロたちは現代とそれほど変わらないマニューバをしていました。それを見た「ログ」サーファーたちが、その動きを手に入れるためにニーボードを研究したのは想像に難くありません。

フィッシュもハルもニーボードから生まれてきたというヒストリーはいろんな雑誌に書かれていましたから皆さんよーくご存知だと思います。

私があこがれるニーロは、ジョージ・グリノウ、ピーター・クロフォード、レックス・ホフマン、サイモン・ファーラー。新旧のスタイリッシュなニーロヒーローたちです。


私自身もニーボードに乗り始めてもう7年。そろそろニーロと呼ばれてもいいかしら?と思っております。私のニーマシーンは上の画像のソイレント・グリーンと呼んでいる5’6”のツインスタビです。(ソイレント・グリーンは子供の頃のSF映画のタイトルから

ニーボードの魅力はそれこそここに書ききれないほどです。この’ソイレント・グリーン’でいい波に乗った記憶もたくさんあって、そのときの感覚はいまだに実感が沸いてくるほど鮮明に覚えています。「行っちゃえー!!」と突っ込むレイトテイクオフ、波のパワーがビンビンに伝わってくる波のポケットの中にはまりこんでいた記憶、どれも脳内ドラッグが分泌されまくりだった経験ばかりです。

プロのサーファーの方たちのようには、とっても出来ないこの私がそんな経験をできているのはニーボードとフィン(足ヒレ)のおかげだと思っています。

ニーボードはパドルとキックで波をキャッチします。波が来たら普通のサーフボードのようにパドルを始めてテイクオフに備えます。そして身体が波に持ち上げられるタイミングを見はからってキックです。フィンの威力は強力です。キックを始めた瞬間、ボードがグインッと進んで波をキャッチします。

波をキャッチすると、いち、に、の動作でボードの上に座り込みます。立ち上がらないので最小限の動作と時間でテイクオフからライディングの体勢に移行できるのです。

すばやい波のキャッチはフィンのおかげ、きわどいテイクオフはひざ立ちのライディングスタイルのおかげでメイクできるのです。

そんな心強いフィンの存在ですが、慣れるまではかなり邪魔な存在でした。初めてニーボードで海に入ったときには足ヒレがとても邪魔で、すぐにビーチに戻り、足ヒレを外して海へ戻りました。

想像してみてください、足ヒレをつけてサーフボードに乗ってパドルをして、ドルフィンをし、沖から滑ってくるサーファーのラインを避けながら沖へ出るのです。最初はフィンのおかげでまったく身動きがとれず、にっちもさっちも行かない状態でかなり大変な思いをした記憶があります。ヒザで沈めるドルフィンもうまくいかず、波に巻かれました。ライディング以外はボディボードと似ていると思われるかもしれませんが、道具が違うのでいろんなところで身体の使い方が違ってきます。

それからフィンの抵抗に負けずにキックを続けられるフクラハギと足首の強さも必要です。いまでこそフィンを着けてボードに乗って海の中で自由に動き回ることができますが、フィンは意外とニーロへの障壁のひとつになり得るのかもしれません。

フィンを使わずパドルだけのスタイルもありますが、強い味方にもなるフィンです。フィンをマスターすれば、海の遊びの幅も広がります。私は「フィン」を履いて「ニーロ」をアピールしたいと思っています。



話は変わって今日、グーグルのサイトを開いてみればトップページがバカボン…



何かしらと思ったら今日は天才バカボンの生みの親、赤塚不二夫大先生の誕生日でした。



ちなみに明日は私の誕生日です。46歳です。

これでいいのだ!
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
誕生日、ニーロ7年おめでとうございます。


「ニーロでいいのだ!」
ジャック 2010/09/15(Wed)17:50:50 [編集]
無題
ジャックさん、ありがとうございます。

ニーボード、やっぱりいいですね。考えているとワクワクしてきます。自分46年目はニーボードに力をいれることにいたします。
menehune 2010/09/15(Wed)19:17:58 [編集]
無題
 ニーボードにハマってしまい、この記事に辿り着きました(笑) 只今・42歳。 残りの波乗り人生はニーボードと共に! でもロングも少々で行きたいと思います。 近々・ショップにお伺いしたいと思います!
マヨピンマン 2015/04/08(Wed)19:49:39 [編集]
Re:無題
> ニーボードにハマってしまい、この記事に辿り着きました(笑) 只今・42歳。 残りの波乗り人生はニーボードと共に! でもロングも少々で行きたいと思います。 近々・ショップにお伺いしたいと思います!

コメントありがとうございます。ニーボード、語り合いましょう 笑。
【2015/04/09 18:24】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!