MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1552] [1551] [1550] [1549] [1548] [1547] [1546] [1545] [1544] [1542] [1541]
正月に箱根駅伝を見ていると、中継地点で次のランナーに襷(たすき)を渡した選手が、自分がいままで走ってきたコースへ向き直って一礼をしている姿を幾度となく見ることができました。

陸上だけでなくスポーツ選手が自分のフィールド、柔道、剣道の道場に入るとき、野球やサッカー、ラグビーなどの競技場に入るとき、そして試合や練習を終えて出て行く際に道場、競技場に向かって一礼をしている姿はそれほど珍しい光景ではないと思います。

スポーツに精神性を求め、それを行う場所に対して神聖さを感じる日本人ならではの行為ではないかと思います。

先日、波が少し上がったときに海でも同じ光景をみかけました。海から砂浜へ上がってきたサーファーが波打ち際でサーフボードを抱え、海の方向に向かうと一礼して駐車場へ続く階段を登って行ったのです。

きっと(私と違って)謙虚で礼儀正しい人なのだと思いました。波乗りができる「うねり」を岸まで送り届け、自分をそれに乗せてくれた海に対する感謝の気持ちの表れをそのサーファーの行為から感じたのは私の勝手ですが、間違えてはいないと思います(海に感謝していないサーファーなんているはずないですから)

そんな謙虚な気持ちで波乗りしている彼はきっとサーフィンがじょうずに違いないと思います。始めたばかりの初心者だったとしても、そんな気持ちで海と向き合っていればきっとどんどん上手になっていくことでしょう。

サーファーにとっての海、マラソンのコース、柔道場、競技場に向かって頭を下げることは自分自身に対する礼でもあると思います。その場が自分自身を高めてくれる場所であるという意味です。

だから謙虚で素直な気持ちで頭を下げる。私たち日本人が普段から行っている何気ない動作ですが、素晴らしいことだと思いませんか?


沖合いの西風はそれほど強く吹いていないのか、明日の波は微妙な雰囲気。寒くてテンションも下がり気味ですが、こんな曲を聴いて気持ちを盛り上げてます。


海へ行く用事はあるので、とりあえず明日はCCスライダーを乗せて行ってみることにします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
menehuneさん

今年もどうぞよろしくお願いします。
最高なYouTube、ありがとうございます。
この頃のCaliforniaはサーファーも景色も
すべてが輝いていて、
まさにGolden Ageですね。
BO SPORTは今年もこの線でこれでキマリです。
いつもありがとうございます。
sato URL 2011/01/13(Thu)09:57:47 [編集]
無題
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

1950年代から戦争が始まる60年代の初めくらいがアメリカは一番元気な時代だったんですね。70年代はどちらかというと暗い時代だったようで、勉強すると日本から勝手にイメージしていたのとは違うことが分かってきますね。

なんにしても、この映像と音いいですね~!
menehune 2011/01/16(Sun)18:10:09 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!