MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1628] [1627] [1626] [1625] [1623] [1622] [1621] [1620] [1619] [1618] [1617]
やっぱり気になっているのは「海」のことだと思います。サーファーですから。海に生かされてきた日本人ですから。

大洗、鹿嶋、神栖市沖で獲れた魚介類の放射性物質の量を調査したところ基準値よりもかなり低い値だったと、今朝のニュースが知らせていました。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20110402-OYT8T00722.htm

魚に影響が少ないなら、サーファーには影響はもっと少ないと考えてもいいのではないかと思います。現地はまだ波乗りのことを考えられる状況では無いと思いますが、とりあえずはいいニュースだと思いました。

食物連鎖で放射性物質が生物濃縮されるという説があります。PCBや水銀などでは生物濃縮は過去に確認されていますが、放射性物質の生物濃縮は調べましたがいまいち裏が取れません。おそらくはきちんとしたデータとしては確認されていないのではないかと思います。食物連鎖の上位に位置する捕食魚自体の新陳代謝もあるので、魚の身体からは途中である程度排出されるという可能性も多いに考えられます。

検査は継続して行われると思いますので、見守っていくことが必要だと思います。

基準値よりも低くかったとは言っても、目に見えず感じられもしないでそこに存在しているのは事実です。基準値よりも低いということで納得しなければいけない事実には納得できない怒りを感じます。

原発から漏れ出している恐ろしい濃度の汚染水、一刻も早く止めて欲しいです。海は私たちの命です。

以前は偏った反原発主義に陥っていた私ですが、いろいろなことを改めて勉強しなおすと、原発は完璧に設営運営されるのであれば安全性は高いものだと少しだけ見直しました。でも人間の手で作られる以上「完璧」ということはありえません。扱っている原子力エネルギーは完璧に扱う必要がある物質です。扱いを間違えれば、そのエネルギーは人間に向かって牙を剥いてくる両刃の剣です。核爆弾にも同じエネルギーが使われているのを思い出してください。

原子力は人間の手に負えるものではないという考えは今も変わりません。

何度も書きますが、いままで原発のことをよく知らなかった人たちはぜひ原子力発電の流れとしくみについて勉強してみてください。ウラン鉱の採掘から、精製、輸送、発電のしくみ、原発で働く人のこと、使用済み燃料の処理までの過程すべてが原子力発電です。

知ることで多くのことが見えてきます。いまの事態を招いたのは私たちの無関心が一番の大きな原因かもしれません。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!