MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1635] [1634] [1633] [1632] [1631] [1630] [1629] [1628] [1627] [1626] [1625]


また地震…しかも大震災からちょうど一月めの今日に。東京23区に町田は震度4、福島浜通りは震度6弱。震度を聞いて、原発大丈夫なの…?と思わず独りでしゃべっていました。

自然は本当に情け容赦ないです。波乗りをやっていると(特に波が大きな日には)身をもって実感することでもあるのですが、セットの波はとりあえずなんとかなっても地面の揺れはどうしようもありません。揺れが大きくならないように祈るしかありません。地面の揺れだけでもいいかげん収まって、許してやってちょうだいと言いたいです。

先週からずっと違和感があった右ひざと右股関節が痛み出して、そろそろ再開しようと思っていた波乗りはただいま我慢中。後ろ足でボードをコントロールする動きがほぼできないので厳しい状態です。

ランニングもお休み。一週間大人しくして、なんとなくヒザも股関節も深く曲げても痛みが出なくなってきたからもう少し。とりあえず今週いっぱいは大人しくしています。

気にかかる出来事が多くて、いろいろ考えていると気分が落ちてきます。海でも入れれば気分も変わるんでしょうけど…。サーフマットならできるか。

海っぺりで服脱いで、パンツも脱いでウェットを着て、ワックスごりごり。

駐車場のコンクリートの地面から、砂浜に足を踏み入れたときの感触。

はやる気持ちを抑えながら、砂の上でストレッチ。

結局、ストレッチもそこそこに海へ。

タイミングを見はからってショアブレイクを乗り越え、ボードの上に腹ばいになってパドリングを始めた瞬間のうれしさ。

波に乗るのはもちろん最高ですが、そこに至るまでのひとつひとつの出来事が波乗りの感触です。そんなことを思い出していると少しテンションが上がってくるから、やっぱり波乗りって素晴らしい。

現状も先行きも大変なのかもしれませんけど、そうやって波乗りのことを考えていれば元気にやっていけると信じています。

でもやっぱり、少しお疲れ気味かな…。元気出さなくっちゃ~。


ユーズドロングボード、アップしましたよ!ウェブ、チェックお願いします!
ウェットスーツ、オーダーフェアもやってます!



元気が無い、と書いていたらなんだか元気が湧いてきました 笑。

さーて、もうひと頑張りです!!
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Take It Easy!
こんなお話を引用します。
みんなでがんばりましょう!
http://www.1101.com/home.html
大きなケガをすると、熱が出ます。
 手術の後などでも、体温が上がります。
 人間にとってのケガというのは、
 その損傷した部分だけなのではなく、
 身体ぜんぶがケガをしているとも考えられます。

 今日、4月11日は、あの日から1ヶ月の日。
 まだ傷も痛みも、まったく癒えてませんし、
 身体全体の高熱も続いているように思います。

 指先にトゲを刺したくらいでも気に障りますし、
 スポーツで脚を挫いたら、歩くことがままならない。
 今回のことは、命に関わるような重傷ですから、
 日本という身体は、ずっとズキズキしています。
 全治まで数年以上かかるという診断もあります。

 患部にあたるところで踏んばっている方々にも、
 その痛みを分かち合おうとしている人びとにも、
 どちらにも大きな負荷はかかっていると思います。
 これだけ大きなケガをしたら、
 身体まるごとが回復しようとして
 緊急モードで日々を過ごすことになります。
 そして、それを続けているうちに疲れてきます。
 ケガの患部へのいたわりを忘れないように、
 ということは意識していられるのですが、
 「その他の身体」にもケアが必要なのだと思います。
 
 「いやいや、わたしは大丈夫ですから」という、
 その気持ちはとてもよくわかるのですが、
 身体の強ばりをほぐすようなことが大切のようです。
 サウナとか、身体を動かすスポーツとか、
 思いっきり歌うとか、お酒を飲むとかがいいらしい。
 ぼくは、昨日、すこし気を抜こうと決めました。
 率先して、気を抜きます。
 身体全体をやわらかくして、血のめぐりをよくして、
 治癒までの長い時間を過ごしたいと思います。
 
 知らず知らずのうちに、やっぱり疲れがたまってました。
 やることは同じですが、肩の力を抜きます。
 とはいえ、ぼくも東京も、元気ですよ。

今日も「ほぼ日」に来てくれて、ありがとうございます。
たのしく、いい仕事をしたいと、つくづく思ってます。





メチャx2 ムケてる! URL 2011/04/12(Tue)11:05:21 [編集]
ありがとうございます。
いいお話ありがとうございます。糸井大先生の文章ですねー。

私一人で何ができるわけでもないのですが、やっぱりいろいろ考えてしまって、いつのまにか溜め込んでいるのかもしれませんね。

頑張らないで頑張っていこうと思います。

ありがとうございます。
menehune 2011/04/12(Tue)14:48:04 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!