MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1830] [1829] [1828] [1827] [1826] [1825] [1824] [1823] [1821] [1820] [1819]

湘南マジックは起こらず、うねりはしっかりと残っていました。コシ・ハラ、セットでムネくらいのファンウェイブです。

今日のボードはフィッシュが2本。あれやこれやとなってしまうので、シングルフィンは持って行きませんでした。フィンの数で揃えて持っていくのはいいかもしれません。

まずは、5’2”のニーボードフィッシュで入水。ニーボードフィッシュですが、足ヒレは付けず座らずに立って乗ってみることにしました。

ニーフィッシュ、幅はかなり広いですが意外に普通に立って乗れます。幅が広いので浮力があって滑り出しも速いです。レールtoレールもそれほどもたつかずに切り返すことができて、結構楽しめます。

ひとしきりニーフィッシュに立ち上がってから、久しぶりのクリステンソンの5’10”のフィッシュにチェンジ。

クリスのフィッシュ、久しぶりに乗ったら、動きが硬く感じてしまいました。クリスのフィッシュはシングルコンケーブのボトムです。以前は軽快に感じていましたが、ここのところフラット~VEEのフィッシュばかり乗っていたせいです。

逆にずっとクリスのコンケーブボトムのフィッシュに乗っていて、フラット~VEEのフィッシュに乗ったときにはふらつく感じが強く最初はてこずりました。

どちらが良いというお話ではなく、これは慣れの問題です。

クリステンソンのフィッシュのコンケーブの感触を楽しんでいると右肩が痛みはじめてパドルに力がはいらず、波に乗り遅れるようになってきたので足ヒレの力を借りることにして再び5’2”のニーフィッシュです。

ドルフィンのときにも肩イタイし、ちょっと厄介な感じです。波乗りやって腕をグルグル回していれば五十肩にならないと思っていたのですが、なるもんなのですね。女房も今年の3月からずっと苦しんでいるのですが、それよりは軽いみたいです。老化現象ですね。

ニーフィッシュは今日みたいな冬の頭サイズくらいまでの比較的小さな波をイメージして作ったので今日の波にはぴったりでした。ちょっとだけ張り出したリップの下に潜り込んだりと、何本かいい波をゲットできてすっかり満足です。

左がニーフィッシュです。フィンの位置を比べてみてください。

クリステンソンのフィッシュに比べて、ニーフィッシュのフィンの位置はかなり前寄りです。前寄りのフィンにすることで小さめの波ではかなりクィックに動いてくれます。ニーポジションではレールをつかむのは簡単なのでハード気味なターンのときにはグラブレールでレールをしっかり入れて、ルースしないようにサポートすることができます。

幅もニーフィッシュの方が格段に広くなっています。ほとんどのニーボードは幅広のアウトラインですが、幅があった方が座っている姿勢ではレールの切り替えしなど逆にクィックにできると思います。

久しぶりでパドルがきつく感じましたが、走っているおかげで急いでパドルしても、セットにはまってもまったく息が切れません。心臓と肺にパドル筋が追いついてない感じです。五十肩対策もかねて少しトレーニングを考えてみることにします。

明日も少し残るんじゃないでしょうか。ロングボードがいいかもしれません。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!