MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2008] [2007] [2006] [2004] [2003] [2002] [2001] [2000] [1999] [1998] [1997]
朝サラダ、卵焼き、トマトとアボカドのサラダ、スムージーにコーヒーと、あれならこれもかと朝から調子に乗って作りすぎてしまいました。

ゆっくり朝めしを食べて、ランニングへでかけます。野山には派手ではありませんが春夏秋冬、1年を通していろいろな花が咲いて季節を教えてくれます。

いまの季節におなじみは紫陽花。

白、ピンク、青、紫といろんな色があります。土によって色が変わるようですが、リトマス試験紙みたいにアルカリだと青くなるのかな?

そして、ホタルが飛ぶ季節になるとそれに合わせるように花を咲かせ始めるのがホタルブクロです。

こんな一文を見つけました。

「少年の日を過ごした遠州の稲田のきわにも、ホタルブクロの花が咲いていた。少女たちはホタルをその花筒に入れ、そのほのかに螢光を放つ袋を、宝石かのごとく両の手で包み、指の隙間から漏れるかすかな光に笑みをこぼした。日は沈んでいた。」栗田子郎 折節の花より

日が沈んで明るさだけが残った空にホタルが舞い始め、あぜ道に咲いていたホタルブクロを摘んで捕まえたホタルをその中に入れ光を放つのを見つめていると、いつのまにかあたりは夜の闇につつまれていた…そんな情景が浮かんでくる素敵な一文です。

そして梅雨をいち早く知らせてくれるドクダミ。庭に蔓延る(はびこる)とやっかい以外の何者でもありませんが、山の中で日かげの地面一面に真っ白い花が咲いているのはきれいなものです。

以前、八重咲きのドクダミを見つけて以来、注意してドクダミを見ていますが八重は見つかりません。珍しいんですね。

派手できれいな花ではありませんが、梅雨の季節の花には風情があります。

そんな風情を愉しみながらこんなおつまみをこしらえ、一杯やるのも風流酒。

結局、酒が飲みたかったのか?



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!