MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2042] [2041] [2040] [2039] [2038] [2037] [2036] [2035] [2034] [2033] [2032]

ちょっと遅くなってしまいましたが、COME HELL OR HIGH WATERのDVDが入荷しました。キース・マロイによるボディサーフィンをテーマにした作品です。

早速見ましたが、これ面白いです。

ボディサーフィンの技術もさることながら、映像がとても素晴らしいのです。(と思ったら参加しているシネマトグラファーに、ジェフ・ホーンベイカー、トーマス・キャンベル、サイラス・サットンのクレジットが)

音楽もメローな雰囲気で、海の中の涼しげな映像とあいまって今の季節にぴったりの映像です。

しかし身体ひとつでよくあんなに上手に波に乗れるもんですね。単純に驚きです。

作品中で出演者たちが自虐的に(?)、ボディサーフィンはクールじゃないよ、サーフィンのカテゴリーでは一番下に位置しているのがボディサーフィンだよと「楽しそうに」語っていました。

それじゃあ、どうしてボディサーフィンを選んだのか?

自作のハンドプレーンはまだトライしていませんが、小さな板切れ(パイポ)で波乗りしていると、なんとなく彼らの気持ちが分かるように思います。

足ヒレを履いて、(ウレタン製のサーフボードに比べると)浮力が皆無ともいえる小さな木の板につかまって海に入ったときの自由で、海の中に解き放たれたような感覚。

ドルフィンは海底まで潜って、しばらく海底近くを散歩するように進んで浮かび上がります。そして沖に出れば海中にほぼ全身を浸かりながらの波待ち。

波の斜面に身体を預けながら水を蹴り、身体が滑り出すときの感覚。

波の上を滑る感覚はサーフボードの比ではありません。海面の表面張力で弾かれるように滑ります。

あそこからパイポを取り除いて滑ることができたら…

とにかく映像が素晴らしく、ちょっと笑えて、観たあとには絶対にボディサーフィンやりたくなる作品です。

DVD COME HELL OR HIGH WATERはこちらからどうぞ

ちなみに映像中で字幕に出る「スピード」というのは「速度」という意味ではなくて、スピードウ、つまりSPEEDOの競泳水着のことです。やっぱり脱げちゃうこともあるようで、笑えます。

SURFER'S JOURNALのVOL20の6号にこれの記事が載っているので、購読されている方はまた読んでみてください。さらに楽しめます。

DVDのカバー写真は昔から好きな写真で、WAYNE LENVINさんというフォトグラファーの作品です(1983年)ホームページには海に関連した素晴らしい写真がたくさんあります。WAYNE LENVIN PHOTOGRAPHY
























この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!