MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2159] [2158] [2157] [2156] [2155] [2154] [2153] [2152] [2150] [2149] [2148]

二本のBOOGIE TWIN。右のはお友達ので左側のが私のです。

どっちも同じですけど。

年末にアウトラインを切ってから、年を越してシェイプ完了です。カラーとデザインはクロスをインレイするか樹脂カラーでいくかさんざん迷いましたが、今回は樹脂カラーにしました。クロスのインレイはアイデアがあるのでそのうち形にしてみたいと思っています。どんな感じなのかは出来上がってからのお楽しみということで、楽しみにしていてください。

BOOGIE TWIN、ミニよりもKKフィッシュよりもさらに丸いノーズです。センター幅は22インチ、厚みは3 1/8インチでロングボードと同じくらいです。レールはカツさんお得意の厚いクラシックなダウンレール。ノーズまでボリュームたっぷりです。厚みを考えるともとのフォームの状態からほとんど削っていないはずです。

ボトムはいたってシンプルでフラット~VEE。小さめの両面フォイルのキールフィンがストリンガーと平行にグラスオンされます。ロッカーは気に入っている7.3のプリモのおいしいところだけを切り抜いています。

厚いレールは昨年作ってもらった、6.2のクラシックシングルも同じです(グリーンのティントのボードです)このボードもノーズまでたっぷり厚いダウンレールです。もう少し薄くてもいいのにな~と海に入る前は思っていたのですが、波に乗ったらこれが最高。(昨年いい波で乗ったプリモやクラシックシングルの感覚を思い出していたらこのツインフィンに早く乗りたくて仕方なくなってしまいました。)

他にあんまりこんなシェイプのボードは見かけないので、このボードのシェイプをどうやって思いついたのですか?と聞いてみました。

そうしたら、「デザインソースはすべて70年代です。」だそうです。

マークリチャーズのツインフィンの元になった、ハワイの某有名サーファーがシェイプしたツインフィンにインスピレーションを得たシェイプで、70年代のプロサーファー川南活はその当時に自分でシェイプしたこのツインフィンに乗ってあちこちのコンテストでたくさん勝っていたそうです。

ラックに載っているボードを見上げながら、時代には逆行してますけどね~とつぶやいておられましたが、実際乗って調子いいんだから、そんなことは関係ありません。それに私にとって、いまの時代にこのボードは充分に個性的で新鮮です。


月末か来月初めには出来上がると思います。楽しみです。

そして出来上がりが楽しみなのがもう1本。ニーボードのオーダー入れちゃいました。


新しいニーボード、長さは今のと同じ5.6です。フィンはクアッド。スワローテールで今回はウィングは入れません。ボトムはシングルコンケーブでレールにハードエッジをボードの半分くらいまでパキッと入れます。

フィンは普通のサーフボードよりかなり前方寄り。今乗っている2+1よりもさらに前。ちょっと実験的な位置ですがニーボードならコントロール可能だと思っています。

ボードの半分にハードエッジがついてフィンが前寄りということは、おそらくレールがおそろしく効くようになると思います。反応が良すぎてスタンディングでは難しくても、重心が低くてブレにくいニースタンスならうまくコントロールできるはずです。

ボードのイメージは、パキッ、グワッ、ヒューン、です(笑)ニーボードの良さというか面白さは、私でもハイパフォーマンスなイメージができてしまうところです。スタンディングでの実力以上のマニューバが簡単にできてしまいます。

カラーはシンプルに、赤のピグメントのピカピカ仕上げ。私の持論ですが、赤いサーフボードに乗りたがるようになるとオヤジの証拠です(笑)でも赤いニーボード、かっこいいと思います。

まずは70年代ツインのBOOGIE TWINです。ちなみにこのボード、座ってもいけるらしいので楽しみ二倍です。

ビートル&アロハキャリア。カツさんのシェイプルームがあるファクトリー&アトリエコンプレックスにはこんなクルマがたくさんです。これも70年代ですね。












この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!