MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2168] [2167] [2166] [2165] [2164] [2163] [2162] [2161] [2160] [2159] [2158]
昨日午前11時半、海到着。予想していた波はまったく上がっていません。ご覧の通り、ときおり海面に「シワ」ができる程度のフラット。


昼飯をゆっくり食べてしばらく様子を見るも、波が上がってくる気配は全く無し。



仕方が無いので出来上がったボードでもピックアップしてこようかと車を30分ほど走らせ、カツさんのシェイプルームにお邪魔することにしました。

もしかすると北風に抑えられて今日はダメなのかなあ、とほぼあきらめて雑談していると、「リーフでできるくらいに波上がってきたよ」との電話が。

慌てて海へターンバック。不思議と信号にもほとんど引っかからず、停まることなくスムースに走っていつもの半分くらいの時間で到着。

1時間半前はフラットでしたが、ムネ~カタくらいの波がどんどん入ってきます。逆湘南マジックです。


駐車場はガラガラ。でもウェットスーツに着替えているとどんどんクルマがやってきます。いつもの顔ぶれ。みんな待っていたんですね。ウェットはAXXEのネックインラバー、年末に3ミリは使いましたが4ミリはお初です(使用感は最後に)

今年ようやくの初乗りです。まずは、乗りたくてうずうずしていた6’2”のダイアモンドテールのシングルフィンで入水。やっぱりいいです、カツさんのこのシングル。シャーっと滑っていく、シングルフィンのちょっとルースなグライド感たまりません。

…が、身体がいまいちついて来ません。トレッキングとランで下半身はばっちりなのですが、パドルがいまいち。

だんだん疲れてきて、さらにアタマ以上のセットが入るようになってきたので、パドルはトレーニングしつつ、テイクオフはフィンの力を借りちゃおうと5.2のフィッシュニーボードにチェンジ。

狙いどおり(笑)あっという間に沖に流されるカレントの中でたっぷりパドルのトレーニングをしつつ、いい波に乗ることができました。

10月の台風以来、久しぶりに高さがあるドロップが最高に気持ちよかったです。



フィッシュのニーボードは久しぶりでしたが、2+1のグリーンのニーボードに比べるとやっぱりクラシックです。レールとフィンを片方ずつ意識しながら丁寧に使って波に乗って行く感じです。2+1のニーボードはあまりそういうことを意識しなくてもボードが自然についてきてくれる感じで乗れます。どちらも特徴があって面白いです。

今作っている、4フィンのニーボードとBOOGIE TWINが楽しみです。

夢中になってやっていたら日が傾いてきたので暗くなる前に着替えて帰路につきます。

夕方のラッシュを覚悟して高速の渋滞にはまって、FMラジオでも聴きながらゆっくり帰るつもりでしたが、めずらしく渋滞もなく、FMラジオから流れてくる気持ちいいジャズを聴きながら気持ちよく家に帰ることができました。

いい一日でした。


さてAXXE CLASSICのネックインラバーです。

ドライではありませんが、水が入ってくる感じはほとんどありません。(下半身の縫い目に防水テープ貼ってます。多少は入ってきているとは思いますが、冷たい水が入ったときのヒヤッとする感じは一度もありませんでした)

ブーツ、グローブ無しで入ってみましたが身体が寒くなせいか手足が寒い感じはありません。途中で気が付かないうちに手がかじかんでいたようで、ドルフィンのときにボードを放してしまうようになったのでボードを代えるために上がったときにグローブを付けましたが、そうするとこんどは逆に暑く感じました。後半はニーボードをやったのでブーツは(フィンソックスも)結局履きませんでしたが、ブーツも履いたらかなりの暖かさだと思います。

上半身に余裕があるのでパドルはほぼノーストレスです。テイクオフのときやライディング中にもウェットの抵抗を感じません。3ミリフルスーツとさほど変わりない着用感です。昔着ていた重たい5ミリのウェットを考えると本当に進化だと思います。

今、AXXE CLASSICのブーツ無しドライスーツのキャンペーンをやっていますが、ブーツ無しのドライなら昨日着ていたネックインラバーのウェットよりもスーツ内への浸水が最小限に抑えられる訳ですので、昨日よりもさらに暖かく快適に波乗りできると思います。資金があれば実験してみたいですね。

ブーツがついていないドライスーツ、一見何で?と思われるかもしれませんが理にかなった使えるスーツなんですね~と昨日ネックインラバーを着て実感いたしました。(ちなみにネックインラバーのウェットに防水テープと二重の手首足首のオプションを付けるよりもドライのブーツ無しの方がお安くなります。もちろん防水テストもやります)

冬でも快適に波乗りできる技術と素材の進歩はありがたい限りです。

次の波が楽しみです。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!