MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2389] [2388] [2387] [2386] [2385] [2384] [2383] [2382] [2381] [2380] [2379]
メネフネビーチストアは午後8時まで営業しています。

すっかり涼しくなって、夜はちゃんと布団を掛けて寝ないと風邪引きそうなくらいです。痛かった…いえ、暑かった夏はもう遠い過去のこと。先週はまだロンスプで大丈夫でしたが、そろそろ3ミリフルスーツの季節です。湘南で一番使うのは3ミリフルスーツだと思います。もう5/3ミリ着ちゃうから…という方、3フル一度着てみてください。全く別物のようにパドルも動きも楽チンです。

それで仕舞いこんでいた、AXXE CLASSICのネックインフルスーツを着てみました。真冬用の4/3ミリです。

今年の年明けから、春先までヘヴィーローテーションで使用しましたが、着脱のときに思い切り伸ばす首周りのヘタリは全く感じられません。しっかりしたものです。


着方、脱ぎ方ともにばっちり覚えておりました。昨シーズンよりも上手になったかもです。昨シーズンはちょいととまどうところもありましたが、もう大丈夫。最初にノンジップのウェットを着たときと同じです。

ネックインフルスーツ、どんな感じだったっけと考えて、過去のブログを検索してみたらいろいろ出てきて、そーいえばそうだったと思い出しました。ブログはこういうときに便利ですね。

着方と脱ぎ方はこんな感じです。

ネックインスーツの良いところを挙げなさいと言われたら、私は次の二つを挙げると思います。

1.パドリングがとにかく楽。

2.いままで着た、どのウェットスーツよりも暖かい。

背中にジッパーが無く、ジッパーレスのように首回りのパーツが無く、身体にフィットさせる必要がないので、ネックインは胸と肩回りに余裕を持ったせることができます。なので、締め付けが無い腕の動きはほとんどノーストレスです。

そして暖かい。背中のジッパーやジッパーレスのパーツが無いので海水の浸入は最小限です。インナーネックで大きな開口部である首のまわりをきっちり閉じてしまえば、ワイプアウトしても水はチョロッとしか入ってきません。水が入らないことがこんなに暖かいのかと昨シーズンは多いに実感しました。

寒い真冬の朝、海に行こう!というモチベーションを多いに高めてくれます。

昨シーズン、ネックインを作っていただいた方たちの声です。

●水に浸かっている下半身も波待ちしている上半身もとっても暖かな上にパーリングしてもネック部分からは殆ど水も入ってこず嬉しくて海の上で一人にやけていました。

●WETと皮膚(身体)の間にゆとりがあるので海の中では大丈夫かと不安でしたが全く問題ありませんでした。パドリング時の肩、首周りのストレスが一切なく快適でした。

●インナーネックもちょっときついかな、、、、と思っていましたが海の中ではこのくらいしっかりしていた方がいいです。首からの水の浸入はゼロに近いです。これで快適に真冬乗り切れそうです。

●とにかく、水が入らなくて驚きました。パーリングしようが、ドルフィンしようが完璧でした。肩まわりの軽さは本当にらくですね。

●福井県の○○というポイントでフラップドライにて入水しました。気温は3℃時おりミゾレの降るコンディションでしたが、寒い寒いと言う仲間をよそに、汗かきました!着替えも楽チン最高です!

これは私の声
●パドルはトランクス一枚の夏場とおんなじくらいにストレスがないし、真冬用のウェットとは思えないくらいの動きの軽さ。もちろん暖かくて、もう手放せません状態のAXXE CLASSICのネックインフルスーツ。寒さがこたえるおじさんサーファーの海へ行くぞのモチベーションと故障だらけの身体でのパフォーマンスを保ってくれてるのはこのウェットのおかげです。コストパフォーマンスという言葉は正確には当てはまらないかもしれませんが、投資する価値は充分にある逸品です。


そしてもうひとつの人気ブランド、AIDENTIFY(アイデンティファイ)ウェットスーツからもネックインでドライタイプのSOFT SHELLシリーズが登場します。

価格は4/3ミリ ¥74.550(消費税・オーダー料込み)。ご紹介できるよう、ただいま準備中です。少しだけお待ちください。

冬の道具のチェックと準備はお早めに!

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!