MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2490] [2489] [2488] [2487] [2486] [2485] [2484] [2483] [2482] [2481] [2480]

3月6日、朝6時。朝日に照らされた真っ白な富士山がきれいです。だいぶ日の出が早くなってきました。しかし、寒い!北風ピューピューでウェットに着替えるのに気合い一発です。

ブーツ、グローブとヘッドキャップは必需品です。あるのと無いのでは大違いです。スキーやスノーボードややるのに素手の人はいないと思いますが、それと同じです。ニットキャップも被るでしょう?

波はムネカタアタマ。セットはもう少しプラス。期待どおりに落ち着いてくれました。


新しいニーボードを試すには絶好のコンディションです。


最初の一本から、いままでのボードと違うのが分かりました。そして、これはもしかしたら…?と最初からある仮定がアタマに浮かんできました。

このボードにはノーズからテールまでパキッとエッジを入れてもらいました。こんな感じです。実際に触るとスゴイです。


このエッジが効くのです。ボトムはコンケーブなので、その両サイドにあるエッジはさらに強調されています。

軽く加重するとこのレールエッジだけでもターンできているような感触です。まるでフィンがそこにあるみたいです。そしてフィンは前回のボードよりもさらに前。

なのでボードの反応はかなり敏感になっています。

いままでと違うブランクスを使ったので、ロッカーはノーズ、テールともに若干ですが強くなっています。それも関係あるに違いありません。

スピードは言うまでもなく速いです。いままでのと同じです。

違うのはターン。自分の意識がついていかないくらいのスピードで回ってきます。ルースしてそうなるわけではありません。ドライブする感覚はちゃんとあります。

カットバック…とボードを持っていこうとするとボードはギュンと回って、白く崩れるスープが一瞬見えたと思ったら、次の瞬間にはボードごとストンとスープの上から落ちて波のカールにはまり込んで前へと滑り出す感覚。

まるでボードが勝手に動いているみたいで、身体と意識がボードの速度について行かない感じです。いま何やったのオレ?と自分でも初めはよく分かりませんでした。

しかしレールエッジでこんなに変わるとは思いませんでした。レールの先端、ほんのちょっとを尖らせただけです。それがまるでフィンみたいに感じるのです。

サーフボードは面白いです。

レールエッジは波のフェイスのコンディションの影響を受けやすかったり、パドルの抵抗になったりレールが引っかかりやすくなったりと、エッジを立てることで生じる問題もあります(普通エッジを入れるのはテールまわりだけです)

でも、この反応の速さこそがニーボードだと思います。前寄りのフィンの位置やフルレールのエッジは、スタンディングなら邪魔になりそうですが「ヒザ立ち」のニーボードなら活かせるんじゃないかとニーライドの姿勢を前提に考えたエッジとフィンの位置は正解だと思います。

色々な場面で使ってみたいです。これからが楽しみです。

最初の波に乗ったときから、これはもしかしたら?と感じていたのはフィンです。

フィンはツインのセンターに小さなスタビライザーを付けた、ツインスタビという組み合わせですが、エッジがこれだけ効いている上に大きなツインのサイドフィンは、もしかしたら不要かもしれません。ターンのときのレール側の抵抗は十分すぎるように思います。サイドフィンはもっと小さくていいのかもです。

サイドフィンを小さくして、その分センターを大きくしたら…

早い話がトライフィンです。

ちょうどこのフィンを貰ったのでこれとカツさんのバナナトライで試してみようと思います。

最初のトライフィンはもしかするとこんな発想から生まれてきたのかもしれませんね。

ニーボードでヘロヘロになってしまったので(笑)ダブルエンダーはまた今度です。すいません。

次の波が楽しみです。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
<< DT-1 HOME 明日 >>
Visitor Map
Create your own visitor map!