MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23]


画像は、最近のフィッシュ人気のせいか、目にする機会が増えたLOK BOXというフィンシステム。日本ではFCS(フィンコントロールシステム)が主流ですが、RAINBOW FINがこのLOK BOXを使った、フィッシュのキールフィンや4フィンのバリエーションを多く作っているため、フィッシュなどでは良く使われています。



もちろん、ロングボードのサイドフィン用やトライフィンのフィンシステムとしても使えます。取り付け方は金属のプレートをフィンのベースにある溝に差し込んで、ネジで固定します。真ん中の大きなベースでがっちりと固定されるので、ベースが広いキールフィンには良さそうです。面白いのはこのLOK BOX、前後にフィンを1/4インチづつ(つまり全部で1/2インチ)前後させることができます。フィンの位置でボードの性格は変わってくるのでいろんなセッティングが試せます。

この金属のプレート、厚みもあって一見がっちりしていますが、リーフに当たるなど強い衝撃が加わると曲がってフィンが外れ、BOXとボードの破損を防いでくれるしくみにもなっています。これは他のフィンシステムには見られない特長です。

さらにこのLOK BOXはアタッチメントを使えば、FCSのフィンを取り付けることもできるという優れものでもあります。

画像はマンダラのクアッドのフィンですが、クリスのクアッドやツインフィッシュ、などで使われています。

店がヒマなので(笑)ロックボックスをご紹介させていただきました~。
まだまだ波はあるからみんな海行きましょう~!


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
へぇ〜
ロックボックスは興味があったので参考になりました。
アタッチメントでfcsも使えるのはいいですね!
こういう汎用性があるのがもっと増えればいいなと思いました。
中野 2006/07/18(Tue)20:22:06 [編集]
無題
コメントありがとうございます。
ロックボックスはフィンの種類もたくさんあるので、ツインフィッシュやクアッドのバリエーションが増えます。日本のメーカーではまだ使っているところは少ないですが、国内のファクトリーでもっと普及して欲しいですね~。FCSのアタッチメントはシンプルでもよく考えられていて感心します。在庫があれば取り寄せOKなので、興味があればメールください。(価格は数百円です。)
menehune 2006/07/19(Wed)17:31:06 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!