MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2819] [2818] [2817] [2816] [2815] [2814] [2813] [2812] [2811] [2810] [2809]

ブギー完成しました。私のじゃありません。見たい、触りたいという方が多いので店頭ストックとして作りました。ショップに置いときますので、存分に眺めて触ってください。

もちろんその場でお持ち帰りもOKです。

ブギー、実際手にとってみると無骨なシェイプに思えるかもしれませんが、ここにたどり着くまでにずいぶん長い時間がかかっています。

ことの始まりは1972年。鎌倉にハワイのリノアベリラが持ち込んだツインフィッシュが原型になっています。

そのときに活さんが目撃したリノ・アベリラの超速サーフィンを、21世紀に入ってからのフィッシュリバイバルで蘇らせたのがBOOGIEです。

ブギーのプロトタイプは、2005年ごろから作り始めています。丸いノーズのKK FISHもブギーの開発段階からスピンアウトしてきたものです。完成までずいぶん長い時間がかかっているのです。

話すと長くなるので百聞は一見にしかずのこのロッカーとボリュームのバランス。他には無いブギーならではのものです。


レールはテールからノーズまでダウンレール。あんまり関係無さそうな、ノーズのレール形状も実は重要だということもテスト済みという研究熱心さです。


そしてフィン。かなり重要。

フィンのフォイル、アウトライン、取り付ける位置、角度。何度も試行錯誤を繰り返した結果のセッティングです。

これらが組み合わされてブギーの独特の感覚を生み出しています。話すと長いので、聞きたい人だけに店頭でたっぷりとお話しいたします。

理屈はいらねーから乗ってみたいという人も大歓迎。

見りゃわかると思いますが、パドル、テイクオフはとても速いです。

波をキャッチして走り出すと、重めに作ってあるので自然とスピードが付いてきます。ボトムに降りたところで、デッキを踏み込むと気持ちよーく加速してくれます。

ヒザくらいから楽しめますが、ムネカタくらいでショルダーが張った波を走らせると、皆さんの予想を超えるグライド感とレスポンスがあります。私も驚いた人のひとりです。

波がでかくて波数多いときには、沖へ出るチャネルが無いと大変ですが、アタマちょっとくらいの波なら問題なく楽しめます。

ライダーのMO3とお友達 on BOOGIE。いいですね~。

THE 日本海 from HULL STUBBY cyoku on Vimeo.



とにかくブギー、おもろいボードです。

ホームページアップしてますのでご覧ください。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!