MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3158] [3157] [3156] [3155] [3154] [3153] [3152] [3151] [3150] [3148] [3147]


川南 活さんにシェイプしていただいたロングボード。現在、気に入って使っているログです。もともとはロングボードでサーフィンを始め、クラシックボードの全盛期も通過してきています。結構な本数のロングボードを所有して、乗ってきたと思います。

良かったボードもあるし、自分には合わなかったものもありました。そんな中でも、これがいちばんと感じてしまうのが、この赤いロングボードです。

シェイプはかなりシンプルだと思います。緩いロッカー、ボリュームがあるソフトなレール、ボトムはフラットに近いゆるいロール、ノーズコンケーブも入っていません。

これといった特徴が無いところが特長のボードです。

でもこれがいいのです。何がいいのかと聞かれるといまのところではちょっと困ってしまうのですが、パドル、滑り出し、滑っている感覚、トリミング、ボードの動き、自分の思うように動いてくれるし、その他のいろんなことが総合的に面白いのです。

同じのを作ってと、乗っていただいている方たちからも、いままで乗ったロングボードと違う、面白い、とご報告をいただいています。おそらく私が感じているのことと同じなのではないかと思います。

何が違うのか?

2年ほどこのボードに乗っていて、ここじゃないかな?と思うのはノーズ寄りのボリュームです。上の画像を見るとセンターから先、ノーズ寄りにかけても結構なボリュームがつけられているのが分かると思います。

スムースに感じるパドル、滑り出しの速さ、トリミングしているときのボードの反応、スピードなど、コンケーブが無くボリュームを持ったボードのちょっとノーズ寄りのパート。ここが重要なパートのひとつなんじゃないかと思っています。

コンケーブは抵抗を生み出して、ノーズに留まりやすくするためのボトムのかたちです。ノーズライディングはロングボードを特徴づけるマニューバのひとつですが、ノーズにコンケーブを入れて水の流れを変えることで、何か別のものが無くなっているのかもしれません。

ノーズライドを否定するつもりはもちろん全くありません。

でも、コンケーブを入れない分だけボリュームが増えたノーズが、ノーズライダーとはまた違ったロングボードの面白さを生み出しているというのはたぶん間違えていないと思います。

Dフィンの青いロングボードが出来上がったばかりですが、ノーズライダーもぜひ自分のラインアップに加えてみたいと思っています。

それぞれの使い方、感覚の違い、楽しみ方の違いを感じ取ることができれば、ロングボードがさらに面白くなるんじゃないかと思っております。








この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!