MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3
7 9 10
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3529] [3528] [3527] [3526] [3525] [3524] [3523] [3522] [3521] [3520] [3519]

昨日。前日に吹いていた南風はほとんど名残りを見せず、ロングボードでなら滑れる波がかろうじて残った程度でした。

それでも、リーフまで透き通るクリアな海水が作り出す無風の滑らかなうねりを、重量があるロングボードで滑るのは冬ならではの楽しみです。小さく盛り上がったうねりが太陽の光を集めてリーフの上に光のラインを作り出し、それがうねりと共にリーフの上を岸へと走っていくのが見えます。

宙を滑っているような、そんな錯覚さえおこさせてくれるのもロングボードの密かな楽しみのひとつです。冬のちいさなうねりに夜明け前から嬉々としてロングボードを抱えて出かけていくのは、そんな風流とも言えそうな楽しみを知っているからかもしれません。

しばらくそんな美しい光景を楽しんでいると、潮が引いてインサイドでもう少し短めのボードでも滑ることができそうな波が割れ始めたことに気が付きました。

そこで、上の画像の色もさわやかな二本のうちの短い方。6’8”のTIKIを持ち出してみたら、これが面白い 笑。

インサイドの岸近く。いつもなら待たない場所で浅瀬に向かって崩れるひざ下の波をつかまえてスルリと走り出してくれるラウンドノーズとコンケーブのボトム。(波の割に)滑ってくれるこのボードのポテンシャル。

サイドフィンのおかげで小回りが効くのが面白くて、小波のショートライドを飽きずにずいぶん長いあいだやっていました。



サイドフィン付きも面白いです。

小波で同様に遊べるモデルはいくつかありますが、6’8”という長さもおすすめのひとつです。短いのに乗りたいというロンガーさんにはかならずおすすめしているサイズです(7フィートちょっとのミッドレングスもいいのです)。

6’8”サイズ、このTIKIの他にはMINIモデルです。どちらもキーワードはラウンドノーズ。小波でも楽に滑ってくれるのです。

明日も波ありそうです。明日もTIKI持って行きます。フィッシュ乗れるかな。

これがあれば寒さなんて、のストレスフリーフード3㎜が入荷しました。ホームページご覧ください。MENEHUNE BEACH STORE

今日の懐メロはこれ。1988年です。このころは反アパルトヘイトの歌がたくさんありました。






この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!