MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
19 21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3704] [3703] [3702] [3701] [3700] [3699] [3698] [3697] [3696] [3695] [3694]

ほとんどの人が興味無さそうなニーボード。こんなに面白いのにどうしてやる人少ないの?と昔から思ってますが、やっぱり今も変わらずendangered species(絶滅危惧種)のニーロです。

サーフボードにヒザ立ちで乗ると、目線の位置は身長168㎝の私で、100㎝よりももっと低いところにきます。2~3歳児の目線と同じくらいの位置です。子供の頃、周りの物は大きく見えていたと思います。地面にも近かったせいか、大人になった今とは物の見え方がまるで違っていたのを思い出してみてください。

ヒザ立ちで波に乗ると、スタンディングとはかなり違った世界が広がります。

波のリップの場所、フェイスの広さ、波のフェイスの状態、スピード感など、目に見えるものから受ける感覚はすべて変わってきます。

波が高く見えることは容易に想像できると思います。見えるだけでなく、実際に大きくなります。波の高低差は見下ろす視線のスタンディングよりも大きくなります。子供の心を忘れてしまった大人に3歳児の頃の感覚を思い出させてくれているかのよう 笑。

波とすぐ近いところでコンタクトしているので、スピードの感じ方やボードから伝わってくるものも違ってきます。

ボードとの一体感、ボードが波を滑っている感触、波との一体感。3段論法になってますが、感じるものはそれらが別々だったり、まとまってひとつになったり、そのときどきで変わります。

正面を向いたスタンスでの左右のレールの切り返しは一瞬です。つま先とかかとの横乗りが悠長に感じられます。普段、ロングボードやシングルフィンに乗っている私にはなおさらです。

それに先に書いた変性意識的な波の見え方やスピードの感覚が加わってくるのですから、想像するにニーボードには(やったことはありませんが)麻薬的な中毒があるに違いありません。スタンディングではそれほど感じないサイズの波でも、ニーボードではストークする度合いが違うのはそういうことなのかと思います。

ボードのこともいろいろと考えています。

上のパープルのつもりで作ったピンクのニーボードが今使っているボードです。4年前に作って、ずっと使っています。コシくらいの波からサイズがある波まで広くカバーしてくれるお気に入りです。

ニーボードは便利なもので、いろいろなコンディションで楽しめます。今日はロングボードがいいかなーというような厚めの波でも、簡単に波をキャッチ(キックの推進力はすごいのです)できますし、幅があるのでそんな波でも滑ってくれます。サイズが上がったら楽しいのは当たり前で、レイトテイクオフも得意です。

話がそれましたが、そうやっていろいろな波でやっているうちに、このボードをベースにして変えてみたい点がいくつか出てきています。

昔作ったシングルフィンのニーボードは別として、これで4本目のニーボードです。だんだんと自分スタイルが出来てきているような気もしますが、新しく作るニーボード、かなり楽しみです。活さん、よろしくお願いします。

冒頭のグリノウさんみたいなクルージングスタイルも気持ちいいし、高速カービングもニーボードならではです。クルクル回るのはちょっと…ですが 笑。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!