MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
19 21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3989] [3988] [3987] [3986] [3985] [3984] [3983] [3982] [3981] [3979] [3978]

昼前に通りかかると、なんとなく波が崩れていたのでランチがてらのパーキング。潮が引いてやっと割れているような波はモモくらい。

クルマに積んできた道具はこれ。アライアとエアマット。最初から立ち上がるつもりが無いのがうかがえます(アライアは立ち上がって乗る道具ですが、滅多に立ち上がれない…)


案の定、アライアはパドルだけで撃沈。乗れないのは波に力が無いせいというのは、負け惜しみです。30分くらいの入水でも体力かなり使います。

すんなりとアライアはあきらめて、エアマットとチェンジです。

エアマット、しばらくやってなかったのでいろいろと忘れてました。一番のコツはリラックス。マットは柔らかいので、身体に力が入るとそのまま波までそれが伝わってしまいます。

そんなフニャフニャしたものでも、ちゃんとレールが入って波を横に滑ることができます。柔らかいので、力の入れ方はボディボードとは違います。腕は手のひらを開いて、マットの上にふわりと置きます。手のひらを開くと力みが抜けるのは立ち上がるサーフィンと同じです。

波側はふわっと腕を乗せておいて、身体全体で波側へ加重するイメージです。イメージだけです。それでたぶん加重できているんじゃないかと思います。本当に加重してしまうと、身体が波にひっかかりストップします。

反対側の手はそのままか、より強くレールを入れたいときはマットを波側にめくるように持ち上げるか、マットの中のエアを波側へ移動させるように押し込みます。これも激しくやるとストップします。

これが上手くできると波を横方向へ滑っているはずです。それだけでもう最高です。空気の上に乗って滑っているのですから、波を滑る感触は柔らかくて滑らか。サーフボードでは味わうことができない感触です。

波の先まで滑っていって、波側に加重しているイメージを反対側に切り返しつつ、岸側(波の下方)へ加重を切り返すようにイメージするとレールが入れ替わります。トップターンです。

波にタイミングを合わせればリップだってできます。滑走体が空気でつかみどころが無い分、うまくコントロールできるとすごく嬉しいのです 笑。

空気圧を調節したり、乗るポジションを変えてみたり、いろいろと考えながらやってみるのが面白かったりもします。パドルもできます。

エアマット乗っていただいている方々、楽しんでますか?



気温が低かったせいか、フルスーツでちょうどいい感じでした。先日のオール2ミリです。


これ、かなりいいです。防水性が高いのに加えて、薄い生地で動きやすい。ストレッチファスナーはストレスありません。

内側はこうなっているので、背中のジッパーからの浸水はありません。唯一、ジッパーの最上部の部分はインナーが無いのでそこから水が入ってきますが、このスーツを着る季節では特に問題ありません。冬用は首回りまでつながった、インナーネックがついているので浸水はほぼ無いと思います。


防水性が高いので、2ミリの薄い生地でも3ミリと同じ保温性があると思います。薄いので何より動きやすいのが一番です。

AXXE CLASSICのオートジップシステム、冬用も良さそうです。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!