MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[4031] [4030] [4029] [4028] [4027] [4026] [4025] [4022] [4021] [4020] [4019]

待ちに待ったものが届きました。ニーボードのデッキに貼り付けるパッドです。お客さんも相当待ち遠しかったと思いますが、もしかしたらそれ以上に私も到着が待ち遠しかったパッドです。毎日3時間置きくらい、インフルで寝込んでいたときも気になってUSPSのサイトでいまどこら辺にあるのかチェックしていました。

MADE IN KNEELO COVE、CALIFORNIA USA さんが作ってくれました。


これが貼り付ける手順書。このくらいはすらっと読めます。


まずは、すらっと読んだ通りの位置に仮止めしてみますが、なんとなく違和感。パッド、後ろ過ぎじゃない?という違和感です。


違和感の理由その1は、パッドの形です。長年使っていたパークスのパッドは最前部が真ん中を中心に山形になっていますが、COVE PADは同じ部分が真っすぐなせい。その分、セットバックして見えます。


それなら、その斜めに出た分(約5センチ)を差し引いた位置にすればいいはず。パークスのパッドには手順書なんてのはありませんが、貼る位置(ノーズからの長さ)のサイズは頭に入っています。

それで、「必ずこの手順書の通りにやれ」と書いてあるCOVE PADの手順書を少し自己流に変更して仮止め。よーく見ないと分かりませんが、少しノーズよりへ移動しています。


見慣れた形と違うので、それでも後ろ寄りに感じてしまいますが、いつものパークスのパッドならこの位置に貼る位置なのでこれでOK。

あーでもないこーでもないと、ここにたどりつくまで実際の時間は1時間以上かかってます 笑。

あとは手順書をよく読んで、その通りに作業をすすめます。まずは、パッドを貼る位置をボードにペンで写しました。


テールブロックが最初!と書いてあります。アウトラインを書くまでもありませんが、これも手順書通り…。


貼り付けました。これがどうなるかは後ほど。


そして本番。パッド貼り付けです。端を少しはがして最初に位置を決め、貼り付けながら裏紙を剥がしていきます(パークスも同じです)デッキに引いた線に合わせて少しずつ貼ります。真剣勝負中なので、画像ありません。


しかしこのボードの色、写すたびに違う色に写りますね。

貼れたら、真ん中から外側へ向かってまんべんなくローラーで押さえますと書いてあったので、ローラー代わりに使える何かいいモノはないかと考え、これでやってみました。梱包に使うクリアラップです。


バッチリ、きれいに貼れました。バランスも違和感ありません。


最初に貼り付けたテールブロックはこんな感じにモッコリと…。ショートボードのテールパッドのキックみたいな役割です。スタンディングのように後ろ足でボードを回せないので、スネだか足の甲だかをひっかけて上体から回して行きます。


COVE PAD、どんな感じかと楽しみにしていました。厚みはパークスのパッドと同じくらいしっかりとありますが軽いです。トラクションもいい感じ。Tさま、お待たせしました。ニーボードは明日、出荷いたします。

自分のラウンドピンのニーボードも同じCOVE PADでいきます。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!