MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[4036] [4035] [4034] [4033] [4032] [4031] [4030] [4029] [4028] [4027] [4026]
二本のサーフボードをどんな色にしようかと考えていたら、夜になっちゃいました。毎度、優柔不断というかイメージが多すぎるというか、なかなか決められません。まあ、最終的には無難なところに落ち着いてしまうのことも多いのですが。

ボードの形、ストリンガーの色と太さを頭の中に思い浮かべながら、色を着けていきます。基本的にはレジンカラー着色です。ブラシはやったことありません。

フォームに着色するブラシと違って、レジンカラーはラミネートクロス=着色なのでブラシよりも自由度が低くなりますが、あまりややこしいグラフィックをサーフボードに入れるのは好きではないので、それほど自由は欲しません。考えることは何色を使うか、顔料は透明か不透明か、色の重なりを出すかどうか、デッキやフィンまわりのパッチは補強の役割と色が濃くでてくるのでアクセントにもなります。

ラミネートという制限がある分、もしかするとブラシよりもややこしいのかもしれません。

リーシュが無い時代だったら、ワイプアウトしてボードから離れてしまったときに、海の中で自分のボードがどこにあるのか見つけやすいように目立つような色にしたりと、色にも役割があったのかもしれませんが今ではそういう必要性はあまりありません。地味な目立たない色でも自分が気に入っていれば最高の色ということになります。

パドルや波待ちしているとき、目の前に自分が気に入った色があれば気持ちも上がるってなもんです。色が持つチカラです。

ピカピカに光らせるか、ツヤを抑えるか、最終的な仕上げも重要です。同じ色でも雰囲気はかなり変わります。

手前味噌ですが、自分でこれはかっこいいなあというのがこれです。デッキのクリアにダークウッドのストリンガーとボランパッチが効いてます。このまま色を変えてもOKだと思います。他のモデルでも使えますね。


もう一本はニーボード。ばっちり好きな色にできた、というだけですが…。レールで色を重ねてないところがポイントです。


やっぱり色は大事だと思います。

悩んだ末のクリア、というのもよくある話で…。



中学生のころから聞きなれた曲ですが、久しぶりにライブを聞いたら鳥肌立ちました。最近また聞いてます。イーグルス。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!