MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[617] [616] [615] [614] [613] [612] [611] [610] [609] [608] [607]
スターバックスからグランデサイズのコーヒーを片手に外へと出ると、目の前にピンクとグレーのニットケースに入ったサーフボードを抱えた今どきギャルファッションの女の子が歩いていてちょっとビックリ。

少し幅が広めのボードを抱える手が微妙に届かず運びにくそうにしているので、(デッキ側が身体側にくるように)反対に持った方が持ち易いかも、と教えてあげる。「えっ?何?どう?わかんなーい」と独特のイントネーションで妙に騒がしいがなんだか楽しそうだ。

そのまま仕事場へと向かっていると、ソーキそば屋の前をまたサーフボードを抱えた女の子が歩いている。海から離れた街の人ごみの中で100mも歩かないうちに二人もサーフボードを抱えた女の子と遭遇したのが可笑しくてなんだか楽しくなった。手に持つコーヒーも少し暑く(熱く)感じるし、もう夏みたい。彼女たちはこれから波乗りに挑戦するのだろうか?もしかすると、とても上手だったりして…(少なくとも最初の女の子は始めてサーフボードを手にした雰囲気だった)どっちにしても彼女たちにとって楽しい夏になればいいなあと思った。


メールをチェックするとカツさん宛てにアメリカからのE-MAILが届いていた。私のサイトをカツさんのサイトだと思ったのだろう。カツさんへ転送すると返事が届いた。メールの送り主は60年代からのシェイパーで当時カツさんが使っていたボードをシェイプしていた人らしい。ディック・ブリューワーのサーフボードを日本にもたらしたのもその人だということだった。時代はサーフボードの変革期の真っ只中のはず。マニアックなメディアのおかげでそんなサーフボードの歴史もたくさんの人が知り影響を受けているのが現在のサーフシーンだけれど、実際にその時代を波乗りしてきたサーファーでありシェイパーである人物が身近にいる。なんだかにわかには信じられないけれど、彼はそこにいて私たちのためにサーフボードを削ってくれているのだ。

そんな歴史の重みを感じてしまうような出来事と、町田駅の雑踏の中をサーフボードを抱えて歩く、おっきなサングラスのギャル。較べるなよ、と言う人もいるかもしれないが、どっちも同じサーフィンでサーフィンってそんなものだと思う。

カツさん今年の夏はコッソリ、コッソリ、フジコ復活なんてのはどうですか?
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
こんばんわ♪ 宮嶋さん。
「どっちも同じサーフィンでサーフィンってそんなものだと思う。」
僕も宮嶋さんの意見に大賛成!
“Surfing” You made me happy :-)
濱田 泰久 2008/04/22(Tue)19:11:23 [編集]
無題
こんにちは、濱田さん。
ギャルもオヤジも、爺さんになっても楽しめるのが波乗りの素晴らしいところですね。そんな身体をキープするのも人生ポジティブにさせてくれるし、年取ってもフィッシュでドライブターン!なんていう爺さんになりたいもんです。
menehune 2008/04/24(Thu)18:24:52 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!