MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[841] [840] [839] [838] [837] [836] [835] [834] [833] [832] [831]
昨日の続き。ちょっと想像してみました。1972年、シングルフィン、リーシュコードはまだ無い時代。

大きなうねりが押し寄せるビーチ。沖には数人の仲間のサーファーの姿がうねりの間に見え隠れしている。細いけれどもきれいに筋肉がついて引き締まった身体はきれいに日に焼け、丈が短いサーフパンツ良く似合っている。右腕の下に抱えているアイラインドスタイルのシングルフィン。

セットのタイミングを見計らって海へ飛び込みパドリングを始める。パドルアウトするサーファーめがけて新しいセットが押し寄せる。猛り狂う自然の力を巧みにかわしながら沖のラインアップへとたどり着く。

波が無い日には魚を追いかけて潜っている海底のリーフを思い描きながらサーフボードにまたがり、その波を待つ。

そしてその波はやって来た。その日朝起きて海を見て、朝食を取り、沖へと出る準備をしながらイメージしていたとおりの波。パドリングでタイミングを合わせ、波の一番高いところへ持ち上げられたサーファーはボードの上に立ち上がり、一気に広い波の底へと滑り降りる。シングルフィンのサーフボードはイメージしていたとおりのラインをトレースしていく。猛り狂う波はサーファーが滑り始めた瞬間に表情を変え、サーファーをグリーンの空間の中に優しく包み込む。

その波を岸まで乗りきったサーファーは波の裏側へとサーフボードを向け、再び沖のラインアップへ向かってパドリングを始める。次の波を捕まえるために…


ロマンチックすぎですね(笑)でも、自分の身体とサーフボードを結びつけるリーシュなど無い時代の「その日」(the day)に押し寄せるうねりの中を「その波」に乗るためにパドルアウトして「その波」を待ち、乗る。そのプロセスを想像するとやっぱりこの時代のサーフィンは「アート」であり一つの「TAO」(道)であったと言ってもいいんじゃないかと思います。


そんな波乗りを続けてきたサーファーがシェイプするサーフボードは、やっぱりアートだと思います。RESPECT…
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!