MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(06/08)
無題(返信済)
(06/07)
T-shirts希望(返信済)
(05/31)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[965] [964] [963] [962] [961] [960] [959] [958] [957] [956] [955]
波はなんとか残ってコシ、ハラ。でも出来上がったばかりのアライアを試すには十分なコンディションでした。

パドルは相変わらずあっぷあっぷですが、浮力を増やしてもらったおかげかなんとなく自分の意思をアライアに伝えることができそうに感じます。テイクオフポジションと思われる位置にたどりついて波待ち。肩が水面から出る程度の浮力です。

うまく滑り出せてもひっくり返ったり、腹ばいのままだったりしながらもなんとなくレールの感触やボトムの水の流れを感じ始めた何本目かの波でした。スルスルと滑り始めた板を両手でグッと抑え横向きにレールを入れるような感じで立ち上がりました。

気が付くとすごい勢いで波のフェイスを走っていました。フィンがついていないただの木の板とは思えない安定感。テールがスライドし始めたので波側のレールに意識を集中するとしっかりとした反応で体勢が元に戻ります。

そのままインサイドまで滑っていってプルアウト。「何だ今の?」というのが正直な感想でした。

滑らかな気持ち良い感覚はハル以上ですが、それよりもアライアで滑ることができたという事実が嬉しくてたまりません。なんだか嬉しくてその辺にいるたくさんの人に「滑れちゃったよ~」と話しかけてしまいました(笑)サーフィンを始めて、初めて波を横に滑ることができたときの気持ちよさ。まさにそれです。イエーイ!です。

フィンやロッカーという抵抗がほぼ無いサーフボードの感覚。波を滑るというのはまさにこのことかもしれません。スピードもスムースさもいままでには無い感覚です。フィンが無いというのはとてつもない不安材料でしたが、そんなことは吹き飛びました。レールが入っているときの安定感はフィンが無い板とは思えないものでした。

ヤバいです、フシギです、アライア(小さな声で…)

入門用アライアのディメンジョンとしては私が作っていただいたサイズがパーフェクトじゃないかと思います。遠藤さんありがとうございます。

夏までに横に滑るのが目標でしたが、早くも達成。次はアップスーンとカットバック(小さな声で…)です。

いやーアライア、面白い遊び道具がまたひとつ増えちゃいました。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!