忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5
9 12
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1404] [1403] [1402] [1401] [1400] [1399] [1398] [1397] [1396] [1395] [1394]
毎年、夏のこの時期になると思うことはかつて私たちの国が犯した過ちのこと。65年前の夏も同じように暑かったに違いありません。

一昨年の自分のブログより。(一部書き換えてあります)

1945年8月9日11時2分。長崎市に一発の原子爆弾が投下されました。今日のように暑かった夏のその日、私の母親は裸同然の格好で庭に出て姉妹たちと水遊びをしていたそうです。そこへやってきた炭売りの馬車。母と妹は自分たちの格好が恥ずかしく、家の中へ走りこんだ瞬間に原子爆弾が炸裂しました。

炭売りの男の人は即死されたそうです。もしその人が来ていなければ今の私もいなかったでしょう。

生き残った母は長い間放射能症で苦しんだようですが、今も元気に長崎で暮らしています(現在でも原爆症で苦しむ方もたくさんおられます。)私が小中学生の頃はそのときの恐ろしい体験を良く話してくれていました。母親から聞いた原子爆弾の体験談と原爆資料館での体験を重ね合わせることによって、私自身の中には戦争の悲惨さのイメージはしっかりとあるのですが、自らは語り部となることはできません。最近は母親も歳を取ったせいか当時の記憶も薄れてきているようです。

東京大空襲、沖縄、広島、長崎そして終戦。夏休み、海に山に夏は楽しい季節ですが、一日くらいはお子さんと(もしくは自ら独りで)戦争とはどういうものか、平和な世界がどれほど素晴らしいものか、改めて考えてみてください。戦争の記憶を風化させてはいけないと思います。一億総玉砕などという時代が日本にあったということを忘れてはいけないと思います。



首相の核の傘下発言、核装備による戦争の抑止、どれも「力」による理論だと思います。そんな理論は緊張を生み出すだけです。戦争を回避するために必要な力は武力では無いと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!