忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 7
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[486] [485] [484] [483] [482] [481] [480] [479] [478] [477] [476]
タイトルは先日エイ出版社の方からいただいた本の題名。ハワイに行けば前を走る車のバンパーなどでこのメッセージが書かれたステッカーを見つけることができるはずです。そしてサーフィンをやっていればエディ・アイカウの名前くらいは耳にしたことがあると思います。この本は出版されたときに購入してすでに読んでいたのですが、何気なくパラパラとめくっているうちにすっかり夢中になって読み返してしまいました。

この本はサーファー目線だけではなく、エディ・アイカウという偉大なウォーターマンを通して、ハワイアンの精神世界やハワイのビッグウェーバーたち、そしてハワイを中心に発展してきた70年代のサーフシーンを見事に描き出している素晴らしくそしてとても興味深い一冊だと思います。

この書の中に書かれている「ハワイアンは他民族と比較して、自己に内在する無意識の領域に最も近い部分で暮らしている」という一行はハワイの魅力をとてもよく表現していると思います。フラ、チャント、マナ、ハワイアンミュージック、神秘的な神話の世界。ハワイアンの文化の魅力は、その島を訪れるものに人間の意識の下にある超自然的な能力の存在を感じ取らせてしまう不思議な力があるからだと思わせるような一冊です。ハワイに行くと気持ちが良くなるのは古代から島に沁み込んでいるハワイアンたちのマナが、訪れるものすべてに心地よさを与えてくれるからなのかもしれないと思いました。そしてそれがアロハスピリッツと言われるものなのかもしれないと思いました。

これからもう一度じっくりと読み返してみようと思います。まだ読んでいない人はぜひ読んでみてください。



画像は2004年のビッグアイランドトリップ。2005年とあわせてまた見て(読んで)みてください。EDDIE WOULD GO!!はエイ出版さんのサイトからどうぞ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!