MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
19 21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
最近、肉食系の女房がよく豚バラの塊りを買ってきてチャーシューを作ります。焼くんじゃなくて煮豚ですが、醤油と紹興酒で煮て結構本格的に出来上がります。ゆで卵も一緒にいれて味を染み込ませて味付け卵も作ります。

丸ちゃん正麺に乗せてみたら結構本格的にお店の味(笑)味付け卵もおいしいです。


そして弁当にもしちゃいます。ご飯の上に薄切りチャーシューと味付け卵のチャーシュー弁当です。


煮汁とラードを使ってチャーハン作ると、これがまた美味しいんだな。

さーて、明日は昼くらいから波上がってきそうな感じですね。時間作れる人は行ってみてください。私も行きたいのは山々ですが、いちおう仕事なので我慢…できるかな(笑)(もとい!→朝から波ありそうです)

その次の波はちょうど一週間後くらい、週明け月、火あたりは要チェックです。

画像は仙台のAさんのニーボードです。シェイプの画像送ったんですけど、届いてますか~?もしダウンロードできなかったら別の方法考えますので連絡ください!

たぶん私のニーボードと一緒に出来上がってくる予定です。




昨日は定休日。波も無いことだし、午後は自宅で片付けたい仕事があったので山へは行かず、ご近所ランニングです。

山へ行かなくてもトレラン気分はたっぷり味わえます。でも走り始めて不思議な感じに気が付きました。下の写真を見てなんだか分かりますか?


それは、地面の落ち葉です。落ち葉はほとんど無くなっていたはずなのに地面が落ち葉でいっぱいです。

たぶん先週の雪のせいだと思います。常緑樹の枯れ葉(常緑樹も落葉します)や葉が枯れても落ちないで枝についたままの樹も結構ありますが、雪と一緒にそれらがきれいに落ちて、雪が溶けたあとに出てきたのか、そうでなければ地面の上で乾いてバラバラになりそうだった落ち葉が雪溶けの水分を吸って元に戻ったのか…。

森の中はなんとなく秋みたいで不思議でした。

雪、残っているところにはまだまだたっぷり残っています。

ファイブフィンガーズはほぼサンダルと同じなので、雪が容赦なく染みてきてかなり冷たいです。どっちにしてもソールがペラペラで裸足に近いので冬はちょっと寒いのが欠点です。

自宅からスタートして、あちこちに寄り道しながら約15キロ走って南大沢駅に到着。いつもは折り返し地点ですが、今日はここでゴール。三井アウトレットパークでショッピングです。ナイキとアウトドア用品のお店で買い物をして帰りは電車です。

2時間ちょっとかけて走ってきましたが、電車に乗れば各停でもたった13分の距離です。あたり前ですが、交通機関の便利さを実感したりもします。

久々のファイブフィンガーズだったのでいつもは感じない、足首、フクラハギ、背筋、腹筋にしっかりと疲労感が残っています。効いてる証拠ですね。

午後はしっかり仕事ができて充実のお休みでした。

さて今日はこっちがメイン。今日のお弁当シリーズはトンコツ弁当です。ソーキそば用に豚バラナンコツを煮たのが余ったので弁当に入れてみました。

トンコツ弁当というのは鹿児島の駅弁です。鶏出汁で炊いたご飯に甘辛く煮たトンコツ(豚ばらなんこつ)が付いたお弁当です。

また食べたいなあと思っていたら、5~6年前にそのお弁当屋さんは廃業してしまったみたいなので自分で作ってみました(他社の似たようなお弁当はあるらしいです)

もちろんソーキそばも作りました。フーチバをたっぷり乗せるのが好きです。


ソーキの作り方は以前のブログをご覧ください。

西風で波が上がってきているみたいです。週末は基本は西寄りになりそうな気配です。風変わるのかなあ~?

さっきカツさんと電話で話しをしたら、BOOGIE TWINが早くも出来上がったみたいです。再来週かと思っていたので嬉しいかぎりです。来週の楽しみができました。




トリの胸肉が余っていたので何を作ろうかと思い、チキンライスに挑戦してみました。少しのお湯にチキンブイヨンとケチャップ、ハチミツを溶いて焦がさないように煮詰めてチキンライスの素を作り、残り野菜のタマネギとニンジンと刻んで鶏肉とご飯と炒め合わせて出来上がり。オムレツのせるのはちょいとカロリーオーバーかと我慢。はじめて作りましたが結構美味しくできました。


次は同じ要領でスパゲッティナポリタンに挑戦してみます。洋食屋さんメニュー面白そう。

野菜は好きでサラダは良く食べますが、冬場は温野菜がうれしいです。オイルサーディンとニンニクをオリーブオイルで炒めたものに冬の葉が厚くなったほうれん草と茹でたアスパラをいれて軽く混ぜ、つぶした半熟卵を添えます。まだたくさんあるいただきもののキタアカリとひき肉にハーブを混ぜて丸めたミートボールのプレート。オイルサーディンと卵が意外な美味しさ。

こんなサラダなら一皿で腹いっぱい。

残ったオイルサーディンで簡単オイルサーディン丼。

作り方かたは超簡単。オイルサーディンの缶詰をフライパンに空け、火をつけてジュージューいいはじめたら醤油をジャッとかけて七味をたっぷり振って出来上がり。ご飯にのせても、そのまま酒の肴にも最高です。作家の故森瑤子さんのレシピでヨロン丼と呼んでいます。

彼氏に彼女にダンナに妻に、さっと作ってあげると喜ばれます。

上のサラダにシャンツアイが乗っているのが見えますが、冬になってなぜかスーパーでシャンツアイがたくさん出ていたので、ワッカモーレを作ってみました。

トルティーヤで巻いたり、ナチョスのディップにして美味しいメキシコ料理。

混ぜる前はこんなです。

タマネギ、トマトのみじん切り、アボカドにシャンツアイ(この場合はシラントロと呼んだ方がぴったりくるか)匂いがきらいな人にはもうたまらないでしょうが(笑)、好きな人にもたまりません(ハラペニョは残念ながら手に入らず)

週末のお父さんのための料理教室でした。










いただいたキタアカリ、もりもり食べてます。キタアカリは柔らかいようで肉じゃがやカレーなどの煮込み料理に使うときには手早くやらないと鍋の中で無くなります。基本的には厚手の鍋でじっくり焼いてからいろんな料理に使う方がいいみたいです。

というわけで、キタアカリを使ったじゃがいも料理をいくつかご紹介。

まずは牡蠣を使ったオイスターチャウダー。

タマネギ、ニンニク、ベーコンをバターで炒めたものを牛乳とチーズで煮込んでトロリとしてきたら牡蠣を入れて火を入れすぎない程度に加熱してから、焼いたジャガイモを適当な大きさに切ってスープ皿に並べた上に、とろりとかけて出来上がり。ジャガイモも煮込んでわざと煮崩しても美味しいかも。

こちらはポテトサラダ。

ベーコンを炒めて出た脂に焼いたジャガイモを合わせて、アボカドを加えてオリーブオイルをたらり、レモンをギュッと絞って塩パラリ。

これまた美味しいです。

まだまだジャガイモがあるので…

ジャガイモのクロケット。

焼いたジャガイモをつぶして(面倒なので皮付きのままつぶしちゃいます)、みじんタマネギとみじん豚肉(ひき肉が無かったので)とコク出しにみじんベーコン少々を炒め、つぶしたジャガイモに加え、つなぎに小麦粉少々をいれて混ぜ合わせます。

俵型に形を整えてまわりに小麦をつけ、フライパンに薄くオイルを引いて焼き目をつけて出来上がり。たまたまガーリッククリームチーズがあったのでのっけてみました。たくさんの油で揚げずに焼くだけなので簡単です。

これはかなり美味しかったです。このトマトソースでもいけそうです。

付け合せに焼いた秋ナスが見えてますが、オイルをたくさん使わないで美味しく焼く方法です。(オイル無しでもいいですが、ナスは少し油っけがあったほうが美味しいです。でもフライパンにオイルを引いて焼くと思い切りオイルを吸い込むので、少ないオイルで美味しく焼く方法です)

それは、とっても簡単。ナスビを適当な大きさに切ってボウルに入れ、オイル(オリーブオイルでもサラダオイルでもお好きなのを)をスプーン一杯たらりとかけて、よく混ぜます。

全体にオイルがゆきわたったら、オーブンに並べてトロリとなるまで焼けば、程よくオイルを含んで美味しい焼きナスの出来上がりです。

じゃがいもいろいろ使えます。次はわざと煮崩してスープかな。

さて最近頑張る女房につきあって、今朝も10キロほど走ってきましたが途中でシイの実を見つけたので拾ってきました。


生でも食べられますが炒って割って、今夜の酒のつまみです(笑)

女房は知らないみたいで半信半疑ですが美味しいんですよ。子供の頃よく食べたもん。








北海道のHさんがジャガイモを送ってくれました。ニセコのニッキーくん自慢のキタアカリです。

開けてみるとジャガイモがごろごろ。粒ぞろいで丸々と肥えて食べる前から美味しいとわかります。


早速食べてみましょう。

まずは我が家の定番の食べ方。洗って皮付きのまま半分に切って厚手の鍋に並べます。バターとニンニクをぱらぱらと乗せてフタをしてごく弱火にかけて30分。

肉を乗せてもOKです。

うんまそうに焼きあがりました。バターとニンニクがいい香りです。

そのまま食べてもポクポクで甘くてたまりませんがポテトサラダを作ってみました。

今回はちょっといたずら系?でメンタイコを入れてみました。バターとニンニクとメンタイコ、旨くないはずありません。魚介系ではアンチョビソースなんかも大好きです。


お肉のつけ合わせに。酒がすすんで困ります。


いろいろ楽しめそうです。どうもありがとうございます。今度はカボチャお願いします(笑)


さて、AXXE CLASSICのネックインフルスーツのインナーネックで、ちょっとした実験をやってみてます。


詳しくは後ほど。

昨日からゆるめの波で波乗りできていますが、潮の時間が合いません…



ラバーと接着剤の匂いの記事が続いたので、今日は食べ物の話題を。

最近、気に入っているのがトマトソース。何が気に入っているのかというと簡単さとチープさ。こだわりの完熟トマトは使っていません。ひとつ100円くらいで売っている缶詰のトマトのみで作るトマトソースです。

作り方は簡単。缶詰ひと缶あたりベーコン二枚とニンニクひとかけ、ベイリーフ(ローリエ)2~3枚。ベーコンとニンニクを刻んでオリーブオイルでカリッと炒めて、トマトとベイリーフを加えて20分くらい煮込むだけ。

ベイリーフって料理のレシピにはよく登場する割にお地味なイメージですが、入れると入れないのでは出来上がりが違います。必ず入れましょう。

基本は茹でたパスタに和えたシンプルなトマトパスタ。トマトがそれほど主張しないのでパスタ自体の味がよくわかります。写真はディチェコを使いましたがディチェコ、小麦の味良くわかって美味しいです。パスタの食べ比べしてみてください。

パスタだけでなくシーフードやお肉などの具材を引き立ててくれます。トマトの味にもっとコクが欲しければミニトマトを加えます。シンプルで、もりソバやかけうどんなどさっぱりした麺好きな日本人好みのパスタという感じです。

応用編でこんなのも。

庭の秋ナスを斜め輪切りにしてスプーン一杯のオリーブオイルをかけて混ぜ合わせ、オーブンで焼いたものをトマトソースの上に乗っけました。

焼いた秋ナスにはショウガ醤油が一番の私ですが、これは旨かったです。ナスビはトマトソースと一緒にパンに乗せても美味しいです。トマトソースいろんなものと合うようです。たくさん作ったのでしばらく楽しめます。

マユハケオモトの花がきれいに開きました。秋ですね。














赤くてきれいな刺身はボラの刺身です。珍しくスーパーで売っていたので買ってきました。ボラなんて臭くて刺身で食べられないと思っている人もいると思いますが、美味しいんです。

私は獲ったことはありませんが、いつも読んでいるあるブログによると獲れたら生きているうちに頭を落として血を抜いて生き〆してしまうんだそうです。そうやっておけば臭みは抜けるそうです。

これからの季節、波待ちしている回りを大群で泳いでいるあいつらもそうやれば美味しいのか?

臭いサカナで思い出したのは、九州でバリと呼ばれているアイゴというサカナ。背びれや腹びれのトゲに毒があって刺されるとかなり痛いのですが、これがまた臭い(笑)

昔、実家の海でアジのさびき釣りをやっていたらやたらとこのバリが掛かったことがあります。釣れたら刺されないように、足で踏みつけて身動きがとれないようにしといて、キッチンばさみで背びれと腹びれをジョキジョキ切り落として、頭を落として内臓も出してしまいます。

そのときは、アジは全然釣れずにバリばっかり(笑)。でも、(仕方なく)家に持って帰って刺身にしてみたらコリッとした白身で意外に美味しかった。開いて干物にすると独特のクセが旨みになって、干物も美味しかったです。

嫌われ者もちゃんと扱ってあげれば美味しいんですね。そういえばあれは四国だったかなあ?旅行に行ったときにバリの干物が売っていたのを思い出しました。

バリちゃん、こんなサカナです。





昨日は奥多摩へ行って来ました。自宅から一時間半。緑が増え、道幅が狭くなってきます。外の空気が気持ち良くて、ああ山に来たなあという気持ちになります。


目的はニジマス釣り。管理釣り場で釣り堀みたいなものですが、多摩川の支流をそのまま使っているので、渓流釣りの気分はたっぷり味わえます。


入漁料を支払って、竹のさおを借りて早速挑戦です。

女房です。ぼけっとしてるだけのように見えますが、結構調子よく釣り上げます。


川の流れる音を聞きながら山の中で釣り糸を垂れるのは気持ちいいもんですね。私も何匹か釣りました。

昼めしどきになったので、炭火を熾し釣ったニジマスを塩焼きにしちゃいます。


持ってきたお肉も焼いて、フィッシュ&ビーフプレートです。


山の中、渓流を見ながらのBBQは何を食べても美味しいです。ニジマス美味しくて三匹も食べちゃいました。

昼過ぎまでたっぷり川で遊んで帰宅。途中、地元の酒屋で多摩の地酒を買いました。店の中には酒樽と大きなダルマが並んでいい感じの古いお酒屋さんです。酒屋のおじさんは、いつまでも暑いねーと言ってましたが、奥多摩涼しいですよ。


自宅へ戻って、食べきれないニジマスは干物にしてみました。

頭をおとして腹から開いて塩水に30分ほど漬け込みます。

風通しが良いところで天日干しです。


塩水に漬けることによって余分な水分と一緒に臭みが抜けて、太陽の光で旨みも増します。いい香りがプンプンです。今晩、これと地酒で一杯やるのが楽しみです。


明日も少し波残るか?飲みすぎないよう注意します。





強い日差しのベランダに、なにやら怪しげな黒い袋が…

これはいったい?

と中を覗いてみると、ジップロックに入った乳白色の液体が…



実はこれ、甘酒を作っているんです。

炊いた玄米に水を加えて、米麹を加えジップロックに入れて黒い袋に入れて日なたに放置。

ただそれだけで、日が傾くころに袋を開けてみるとジップロックの中身はいい香りのあまーい甘酒に変身しています。

甘酒は熱々をフーフーしながら飲む冬のイメージが強いですが、昔は夏バテ予防の栄養補給食として夏に飲まれていたんです。俳句でも夏の季語になっています。

ウィキペディアによると点滴とほぼ同じ成分のようで、飲む点滴と呼ばれている優れものの飲み物です。

ウィキペディアより引用

甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれているが、これらの栄養はいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であることから、「飲む点滴」と称されることもある。ブドウ糖以外は製法による差異も少ない。現在は冬に温めて飲むのが一般的であり、健康的な飲料としても好まれている。

精白糖をとらないマクビの人たちは砂糖代わりに使うこともあるようで、爽やかな甘みです(アルコール分はゼロです)。何より簡単に作れます。

私の飲み方は…。

発酵を止めるためにジップロックごと冷凍しちゃいます。するとシャーベット状に固まるので、包丁で切って器に入れ焼酎を注いでスプーンで甘酒をシャリシャリと溶かせば、冷たくて美味しいジャパニーズカクテルの出来上がりです。焼酎とほんとによく合います。ショウガを入れても美味しそう。


夏バテ予防には(たぶん)ばっちりです。




少し遅めのお盆休み、どうもありがとうございました。一昨日はどこへもいかず自宅ベースで遊んでいました。

午前中は少し長めのランニング。半トレイルのコースを25キロ。裏山からの眺めはめずらしく視界すっきりで、丹沢から富士山まではっきりと見えます。しかし熱いったらありゃしません。

シューズはビブラムファイブフィンガーズです。このシューズではまだ10キロくらいしか走ったことが無かったので、25キロは初挑戦。のんびりペースで3時間で走りきるつもりが途中から、ペースがさらにのんびりに…普通のシューズと疲れてくる部分が違うような感じです。

結局、不覚にも20キロ地点で足はストップ。走り続けるのが難しくなってしまったので、エスケープルートから電車で帰宅(走れなくなった場合のことも考えて逃げ道を作ってます)

裸足シューズの走りがまだできていないのか?このシューズでLSDからやりなおししようと思います。

すっかり情けなくなった足で自宅へ戻って、ゴーヤチャンプルー弁当で昼ごはんです。

なんだか妙に疲れたので、午後は軽く冷房をいれてカウチで読書です。ランニングの疲れで眠気もやってきて、読んではウトウト、読んではウトウトの繰り返し。

龍馬の次は、戦争小説を一冊読んで(この時期にはかならず戦争をテーマにした小説を読むようにしています。)からコレです。

龍馬後の日本、江戸時代が終わって明治維新で日本という国が作られていく過程のお話です。全10巻です。

なんだか疲れているのか動くのが物憂くて、まあたまにはいいかと日が沈みかけるまでゴロゴロと本読んでました。

日が沈んで、明るさが残る空にヒグラシの声が大きくなってきたら庭やベランダに打ち水をして涼しさを呼び込みます。夏らしくていいもんです。

そして、昨日は海へ行ってみました。

といっても波乗りじゃなくてのんびりドライブです。

途中、ポイントや海水浴場をチェックしつつ海岸線を走ります。昨日は引きの時間帯にちょっと出来たようですね。海水浴場でもいい波が崩れていて、ボディボードの女性が独り占めしていました。サーフマットもパイポもできるなあと思いつつお目当てはやっぱり美味しいものです。佐島丼と名前が付けられた海鮮丼。美味しかったです。


佐島漁港の魚屋で、シラスと地ダコと貝を仕入れて氷が溶けないうちに帰宅。

そしてまたヒグラシが鳴き始めたら打ち水をして、涼しい夜風に吹かれながら、ブツ切りにした地ダコで冷たい焼酎を…。

なんだか夏らしいお休みでした。




Visitor Map
Create your own visitor map!