MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1141] [1140] [1139] [1138] [1137] [1136] [1135] [1134] [1133] [1132] [1131]
ユーズドボードとして販売しているクリステンソンのビッグフィッシュの商品説明に「~自分でも簡単にリペアできるキズです~」などと書いたのですが、本当にその通りなのか(笑)自分でリペアして確かめてみることにしました。

面倒くさがりの私はあんまり自分でリペアやりません。壊したらうちのリペアをやってくれているゴッドハンドリペアマンのとこへ置いてきます。

果たして本当に簡単にできるのでしょうか?

これがビフォー。クリックして拡大してみてください。

ラミネートのクロスまでは達していないキズなので、クロスは使わず樹脂だけでリペアできます(これが「簡単にできます」と書いた理由)このキズでフォームまで浸水することは無いのですが、そのままだと海水が入ってヒビの部分が黄色くなったりします。

まず、粗めの耐水ペーパーでキズの部分を削ってキズをできるだけ削り落とすようにしました(写真ナシ)

キズの下の方は微妙に残りましたが、あんまり削りすぎると仕上げの面出しが難しくなるのでサンディングはそこでストップ(写真ナシ)

エッジの部分に樹脂が溜まるようにテープで小さな堰を作ってマスキング(写真ナシ)

ソーラーレジンを塗ってお日さまに当てますが、今日は曇りだったので、50分ほど放置(写真ナシ)

爪先で樹脂をつついてみて柔らかさが感じられず完全に硬化しているのを確認してサンディング開始です。まず600番の耐水ペーパーでたいらにサンディングして、エッジのラインを出していきます。


形が出来たら、1000番くらいの細かい耐水ペーパーでサンディングのキズを少しずつ小さくしていきます。

最後にコンパウンドでバフがけをして出来上がり。

奥の方に微妙にヒビが残っていますが、使用には問題ありません。硬化の時間を入れないで30分くらいでしたので、説明どおり「簡単」に直せたと言っていいと思います。

これで心置きなく海に浸かれます。私のリペアもなかなかのもん?!リペアしたところの色合わせなんていうのは不可能ですが、表面の樹脂のキズなら自分で直しちゃいましょう。簡単です。


ウェットスーツオーダーフェア開催中!!
期間:10月3日~11月3日
メーカー協賛により、オーダー料、オプションサービスなどウェットオーダーにお得な期間です。詳しくはホームページをご覧ください。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!