MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1136] [1135] [1134] [1133] [1132] [1131] [1130] [1129] [1128] [1127] [1126]
我らが川南活さんが長年住んでいた南の島の波。(ライダーはカツさんではありません)


2002年に日本に帰ってこられた当時にシェイプしていたサーフボードは、細くて少し長めでロッカーが少ないスピードが出そうなトライフィン(ホットマンゴーの原型)ばかりでした。相手をする波がこんなのばかりでは当たり前です。

そして2007年8月の鎌倉。上の写真と較べれば、格段に力が無い波ですが波に合わせたボードのシェイプで同じくらい楽しんでいるカツさん。トレードマークのきっちりとボトムまで降りる渋いボトムターン。


2009年9月湘南某所。MINIモデルか、ハイブリッド系の短めロングボードか?聞くのを忘れてしまいましたが、スピード感溢れる大きなカットバックもカツさんのトレードマーク。かっこいい!


ホームページのカツさんのページを見ていただくと分かりますが、本当にたくさんのバリエーションがあります。
(カツさんのページのリニューアル、現在進行中です。もう少しお待ちください)

日本へ戻られてからは、日本の波に合うサーフボードを新しいアイデアでシェイプをして、自分や周りの仲間で試してみるということの繰り返しでした。それはまるで、60年代から70年代にかけてのサーフボードエボリューションの時代のようでもありました。多くのサーファーにとって、上のチューブ波は理想かもしれませんが、今そこにある波に乗るというのが波乗りというもの。地元の波とそれに乗るサーファーたちのことを考えて生まれてきたのがカツカワミナミサーフボードのたくさんのラインアップです。

道具を進歩させるアイデアの源は、そこにある波であり、その波に乗るサーファーたちです。当たり前ですが「はじめに波ありき」なのです。

久しぶりに自分のためのサーフボードのプランを考えていたら、こんなことを思ってしまいました。


10月19日、20日はお休みをいただきます。

ウェットスーツオーダーフェア開催中!!
期間:10月3日~11月3日
メーカー協賛により、オーダー料、オプションサービスなどウェットオーダーにお得な期間です。詳しくはホームページをご覧ください。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!