MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1389] [1388] [1387] [1386] [1385] [1384] [1383] [1382] [1381] [1380] [1379]

画像は私の知り合いが乗っているサーフボード。私にとってうらやましいボードです。なぜかと言うとその知り合いが自分で作ったボードだということ。

私もカツさんのシェイプルームにもぐりこんで、あれやこれやとお話ししながらサーフボードをシェイプしてもらっています。一般の方たちから見ればおそらくそれもうらやましいことだと思います。自分でもその通りだと思います。

彼は、シェイプ、ラミネート、サンディング、フィンの削りだし、フィンアップ、そして仕上げの全ての工程を自分でこなして、自分が乗るボードを作ります。ブランクスのチョイス、樹脂に混ぜるカラーの調合、フィンを作るための積層板の製作など、すべてを自らの経験をもとに行います。

そうやって自分の手で作ったサーフボードで、パドルアウトして波を捕まえて乗るのです。

有名なサーフボードシェイパーやグラッサー、ボードメーカーが作るサーフボードを購入してサーフィンする方が、性能的には確かだと思います。

自分で作ったサーフボードのブランドは自分。ピカピカの最新流行のボードを買うのでもなく、カスタムオーダーで作るのでもなく、自分が波に乗るためのサーフボードを自分の手で作ってサーフィンする。そんなスタイルは、サーファーだったらきっと誰でもクールだと思うし、うらやましく感じるのではないかと思います。

クリスやカツさんもそうですが、自分の手でボードを作って、自分でテストして、自分の感覚でボードを進化させる。当たり前のように昔から続いてきたことなのだと思います。そして昔も今もそんなところから新しいアイデアが生まれてくるのだと思います。

やっぱり私にはうらやましい(笑)

MY KNEEBOARD 2+1 SHAPED by KATSU KAWAMINAMI


話は変わってレジンアクセサリー。こんなピアスを作ってみました。私は耳に穴空いていないのでいまいち良くわからんのですが(すいません)、こんなのどーなんですか?おかげさまでネツケは好評です。


ホームページでは素敵なロングボードを3本、夏だということでお値下げしております。ぜひチェックしてみてください。ベリーグッドコンディションのKK FISHユーズドもお見逃しなく!

サーフボードのリペアについてお知らせです:リペア工場移転のため、8月5日ごろまでリペア作業を休止させていただきます。店頭でのリペアボードのお預かりは承りますが、修理の期間が通常よりかかってしまいますのであらかじめご了承ください。現在、お預かりしているリペアボードに関しましては、来週中にはすべてお渡しできる状態にいたします。ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!