MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142]
いつだったか、少々涼しかったので一昨年程前に作ったロングスプリングを着こんで入水したら、海の中ですぐに腕が上がらなくなった。波を捕まえられない。ハアハア息が切れてしまって、今日は体調悪いのかなあ~?と良く考えたらどうやらウェットのせいではないかと思った。他に所有している袖つきウェットはスーパーストレッチだの、やけに着易く柔らかい、このロンスプは普通のスキン。しかもなんとなく硬くなっている気がする。暑いのを我慢しても前述の新素材を使った3mmフルスーツのほうが身体が全然調子いいのだ。

新素材や新製法、ジッパーの進化やジッパー自体が無いジッパーレスなどウェットスーツの進化は目を見張るものがある。価格的にもこなれてきて、ちょっと以前だったら高級素材だった柔らかくて暖かい生地を使ったウェットスーツも、かなり手ごろな価格になってきている。日本のウェットスーツは世界に誇れる品質なのである。

今年の各社のカタログを見ているとあることに気が付く。ドライスーツである。ドライスーツのというのはその名前のとおり海に入っても身体が濡れないスーツである。背中に横一文字にジッパーが付いており、袖は二重になっていてグローブを間に挟み浸水を防ぐ。足の先はそのままブーツと一体化している完全防水バージョンである。冬でも暖かい湘南では、想像もつかないのである。サーフィンというスポーツが北海道や東北などの寒冷地でもポピュラーになり、サーファーたちのニーズに答える結果がドライスーツなのだと思う。インナーに家から着てきたスェットパンツやスェットシャツを着た上から着るので、マイナスの気温でも着替えが楽らしいが、かなりハードコアな世界だと思う。



湘南は天気がよければ、ロングならトランクス一丁でまだ平気ですが(私だけ?)、もうウェットスーツの季節ですね。画像はAXXEのドライスーツ。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
menehuneさん、こんにちは。
BO SPORTウェットスーツの工場がある岩手では、
冬のサーフィンにはドライスーツが必需品です。
僕は、極寒でのサーフィンは経験がありませんが、
ドライスーツにはたゆまないテストが必要です。
要するにそのような気象環境下に工場がなければ、
サーフィンに適したドライスーツは生まれないと
ということです。オニールしかり。
岩手のハードコアなサーファーは、真冬でも2ラウンド
サーフするそうです。
機会ありましたら、弊社のサイトでドライスーツをご紹介します。お楽しみに。
sato URL 2006/10/18(Wed)16:21:37 [編集]
5ミリで…
BO SPORTドライスーツ、ぜひお願いします。

いつも思うんですが、たった5ミリの厚さでよくもまあ真冬の寒いときに冷たい海に入っても平気なもんだと…。身体の動きを妨げず体温を保ってくれる快適なサーフィンには身体に合った品質の良いウェットスーツがなくてなならないものですね。
menehune 2006/10/18(Wed)23:38:09 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!