MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1503] [1502] [1501] [1500] [1499] [1498] [1497] [1496] [1495] [1494] [1493]
朝からトレイル7キロ。心拍数を上げて走り続けるトレーニングを始めてみました。次のレースはまだ決まっていないので、今のモチベーションは100%波乗り。海の中での効果が楽しみになっております。

昨日のお話のボードのレスポンスをより感じるようになったということはこんな感じです。

例えばボトムターン。波のボトムに滑り降りてヒザを曲げボトムターンの体勢に入ります。サーフボードのボトムとレール、フィン回りが海面に食い込みつつ遠心力でスピードがつき、さらにヒザを伸ばしながら波のトップめがけてターンしますが、そのときに力がかかって緊張し硬くなっている大腿四頭筋と大腿三頭筋、その他の足腰回りの筋肉がいっぱいいっぱいの状態ではなく、力に余裕がある感じです。

いままでなら精一杯だったターンの最中に、もう一つか二つくらい余計にデッキを踏み込める感じです。それにボードが反応してくれているのが感じられます。

バックサイドも同じです。バックサイドはもともと好きでしたが、今までよりも深くボードを傾けてターンができるぞ、バックサイドのカットバックでスープに当てたリエントリーからのターンがより深いところからスムースに行けてるぞ、みたいな感覚。

走るモチベーションも上がるというものです。今は完全に波乗りのことを考えながら山道を駆け上がっています。

まだコシくらいの波でロングボードで感じているだけですが、なんにしても進歩を感じられるのはとっても嬉しいこと。これがハルなら、MINI2なら、フィッシュならどうなるか?それが楽しみなんです。皆さんもどうですか?いろんなところに効いてきますよ、ランニング。

さて今日の本題はユーズドボードのご紹介。

昨日のライダー使用のノーズライダー、アップロードしました。ホームページチェックしてください。
店にもってくる予定でしたが、小さなキズを発見したのでリペア完了後にもってきます(リペアはプロのリペアマンがやってます)来週末は店頭にやってくる予定。まずはホームページから写真を見てやってください。

もう一本はフィッシュ。アンドリューキッドマンシェイプのSWIFTフィッシュです。

大切にしていたボードですが、いろいろと考えるところあって放出します。キズなし、ヘコミなし、フットマークなしの極上コンディション、新品同様です。どなたかガンガン乗ってやってください。

どちらもホームページチェックしてください。ウェットスーツオーダーフェアも今週末までです。お見逃し無く!

6月に開催された七里ガ浜のイベント「SHARE」でお会いしたウッドブランクスの「PURITY」の武籐さんが遊びにきてくれました。そういえばあのころは右手はギプスでした私。

こんなフレームをお土産にいただきました。クラシックなウッドフィンのフレームです。


どうもありがとうございます。飾るところ考えます。

PURITYさんのホームページブログはこちらです。ウッドボード屋さんじゃなくて本職は家具職人さんです。気になる人は直接問い合わせてみてください。

それでは、また。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!