MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1506] [1505] [1504] [1503] [1502] [1501] [1500] [1499] [1498] [1497] [1496]

少しだけうねりが残ったいつものシークレットスポットで夜明けとともに入水してきました。ボードは今日もクリステンソンのCCスライダーです。緩い波で楽しむには最高のボードです。

重量感があるクラシックスタイルのロングボードがなだらかな斜面から滑り出すときの感覚はロングボードでしか味わうことができないものです。

そしてターン。体重を乗せてテールをしっかりと沈めながら大きく方向を変えていく一連の動きが気持ちいいのもボードの重さのおかげです。

ボードにはレールの形、フィン、ボトムのシェイプ、アウトラインなどいろいろな要素がありますが、重量は重要なファクター。基本的にロングボードは重めのシングルフィンで古臭く乗るのが好きです。


滑り出したボードにスピードが十分に付くのを待ち、ボトムに降りながら立ち上がると同時に波のボトムを蹴るようにボトムターン。緩く続くショルダーにボードをセットしつつ少しスピードを落として波が追いつくのを待って四歩でノーズへ。

ショルダーが緩くなっているところへ行ってしまう前にノーズからテールへ素早くステップバックしてカットバック…、しようとしたのですが、いまいちボードが言うこと聞いてくれない。身体が動きをちゃんとできていない。ごまかしごまかし戻れるもののダメです私。

次の課題はフロントサイドのカットバックに決まりですね。忘れないように「かっとばっく ふろんと」とメモ書きしてボードに貼り付けておきます。

ロングボード難しいです。

いい天気で気持ちがいい朝のログライディングでした。




「裸のガンを~」で有名なレスリー・ニールセン氏が亡くなられたようです。あのバカバカしい笑い、大好きでした。

大好きでVHSが擦り切れるほど見た「POLICE SQUAD」(裸のガンシリーズの元になったテレビ番組です)何でも知ってる靴磨きの情報屋が登場。歯医者のシーンは笑えます。

レスリー・ニールセンの顔を見ただけでも大笑いできます。これだけたくさんの人を笑わせれば本望でしょうね。

探したらDVDで発売されていました。ファンはマストハブのDVDです。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!