MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1568] [1567] [1566] [1565] [1564] [1563] [1562] [1561] [1560] [1559] [1558]

もうすぐ日の出。今朝の気温はマイナス2℃。トールゲートポイントの波はヒザ、モモ。コンパクトながらしっかりブレイクしているので、迷わず5’6”のフィッシュで入水しました。

たまに思い切りひっくり返っていますが、5’6”の長さにだいぶ馴染んできました。早く体の一部のようにしてしまいたいです。

テイクオフは、気合いをいれてパドルせずとも波にタイミングを合わせるようにスイッスイッとパドルしていると、波の斜面からすっと楽に滑り出してくれるのがうれしいです。

このフィッシュのボトムの形はフラット~VEEです。レールはダウンレール。クリステンソンのフィッシュはシングルコンケーブで、レールはボトム側からも軽く捲くる(まくる)ようにシェイプされているのが違う点です。

今日はずっとシングルコンケーブボトムとの違いを考えながら乗っていました。

KK FISHはダウンザラインのときに使うボトムのパートはフラットでレールはダウンレールです(ボトム側に軽く入り込んでいるダウンレールで、ハードエッジではありません)この組み合わせは水の流れを積極的にサーフボードの下から外へ向かって流し出す感じです。レールは丸めでソフト気味のレールやハルのような薄いレールよりも水に入り込みにくいので、よりこの感覚を強くしていると思います。

シングルコンケーブは水の流れをボトムに抱え込むので、ボードコントロールには粘る感じがします。クリスのフィッシュの場合はボトム側も滑らかにシェイプされているレールが波に入りやすく、それがコンケーブの感覚と合わさるために滑らかながらも滑りに方向性を感じます。

テイクオフしたあと、KK FISHはデッキを踏み込んで加速させるときにボードの動きにキレを感じます。踏むと水を捕まえ、レールを抜き気味にすると水を放す(ボードが滑っていく)という感覚がハッキリしているように思います。

ターンのときには絞り込んだテールとフィン回りのVEEが効果的です。フィンは片面フォイルでレイクがある形なので、シングルコンケーブ+ダブルフォイルのフィッシュよりもコンパクトに動いてくれます。

KK FISHは、トールゲートポイントの波に代表されるようなこのエリアに点在するリーフのコンパクトな波にはとてもフィットしているボードデザインだと思います。

クリステンソンのフィッシュとどちらが優れているのか?というお話ではなくて、どんな違った性格を持っているのかというお話です。私にとってはどちらもお気に入りのフィッシュなのです。それぞれの性格を分かった上で付き合ったほうがより楽しく波乗りできると思います。

ウェットが軽くなる季節が待ち遠しいです。


いい天気です。寒いですが、太陽が高くなれば快適に波乗りできます。今日はドライスーツではなく、STEAMERの5/3mmノンジップの折り返しネックをテストしてみました。


折り返しの防水ネック、具合良いです。水の侵入はほぼゼロ。オプションではなくて標準装備ならかなりバリューがあると思います。保温性も抜群で海の中では寒さは全く感じませんでした。さすが北茨城のウェットメーカーです。私はもうテストするつもりはありませんが、オール3ミリでも問題なく冬を越せると思います。

ウェットのデザインは、春の3ミリフルスーツからモデルチェンジをしてみようと思っています。シンプルでかっこいいデザイン考えます!

「じゃあ、ドライスーツは必要ないじゃん」とお思いかもしれませんがフィッシュのお話と同じで、ドライもウェットもそれぞれに必要性、必然性があるのです。それを見極めていただいて、ご自分にとって本当に必要なモノ、欲しいモノをチョイスしていただくお手助けをするのが私の仕事だと思っております。なにがなんでも高いドライスーツを売りつけようなんて考えてはおりませぬ。ウェットのお話も面白そうですのでまた改めて書いてみたいと思います。


もうひとつアンドリュー・キッドマンのLOST IN THE ETHERに関するお知らせです。(関係ないですが、ポイント・コンセプトのブログで絶賛されてましたね)


ホームページから予約を承っておりますが、販売はこの分(現時点で残り2点です)で終了になりそうです。詳しいいきさつは分かりませんが、国内販売は急遽取りやめ(?)のようです。やはりアンドリュー・キッドマンのサイトからのみの販売となりそうです。どちらにしても、世界限定1000部ですから貴重なものになりそう。映像は文句なしに素晴らしいので、お早めにandrew.com か、メネフネビーチストアからどうぞ(売り切れ御免ですが…)入荷は水曜(2月2日)の予定です。ご予約いただいている方は入荷次第発送いたしますので楽しみにお待ちください。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!