MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1569] [1568] [1567] [1566] [1565] [1564] [1563] [1562] [1561] [1560] [1559]

オリジナルウェットスーツの新しいデザインを思案中。改良したいのは股間からモモ、腰からモモへつながるラインと、ヒザ裏のラバーとジャージの切り替えしのラインが直線的すぎるので修正したいと考えています。正確に言えば「新しいデザイン」ではなくて、マイナーチェンジと言ったところです。大きくは変えませんので、STEAMER/MENEHUNEウェットスーツのファンの方はご安心ください。

パソコンで写真を見ながら立体的に考えていると訳が分からなくなってきます 笑。カットはたくさん入れたくありません。「ラバースーツ」のような古臭いイメージはいままでどおりにしたいと思っています。

悩みますが、自分のデザインが形になるので結構楽しいのです。

さて今朝のことですが、昨夜片付ける時間が無くて車に積みっぱなしだったボードとウェットを片付けていたらわずかにウェットに残っていた水分が凍っていました。ブーツとグローブなどは、パックに入った冷凍肉みたいにひとかたまりになってバリバリでした。

ブーツとグローブのかたまりは、日当たりの良いベランダに放って、ウェットは軒先に吊るしてきました。

昨日の話の続きみたいになりますが、ドライスーツなら生地は水を含まず「濡れない」わけですから、こんなことはする必要はありません。自宅に戻っていつもウェットを掛けているハンガーにぶら下げて後片付け完了です。次に海に行って着替えるときに凍える手でブーツとグローブを裏返すことも必要なく、冷たく湿って足を入れにくいブーツを履く必要もありません。

冬は装備が多いので、手入れと管理、そして着替えの煩わしさではドライスーツに大きく軍配があがります。(ドライスーツの方が圧倒的に楽だということです。言葉が足りていませんでした。)

こんな感じで、ドライとウェットはどこがどう違ってくるのか、実際に使いながら比較検討してみようと思います。

話は変わって、私また怪我…しちゃいました。

今日は海へは行かずランニングとローラーとストレッチにしようと思い、トレイルのコースを走りました。

途中、昨夜凍った地面が太陽に照らされて解け始めたぬかるみをよけようと、ぬかるみの横の斜面を走ったら、見事に滑って転倒…。転んだ勢いのまま、左の肩口を思い切りコンクリートのようなもので出来た杭に打ち付けました。

ジャケットの重さも響いて肩が痛みます。左手が不自由で、強制的に四十肩にさせられてしまいました(…ん、五十肩か?)

骨は大丈夫そうです。次の波までには治さなくちゃ。

それでは、また明日。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!