MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1572] [1571] [1570] [1569] [1568] [1567] [1566] [1565] [1564] [1563] [1562]
1968年ポール・ウィツィグのサーフフィルム「HOT GENERATION」。今朝、ふと思い出してひさしぶりにビデオデッキに電源を入れました。VHSです。

ロングボードが短くなっていく直前の時代の作品です。ボードのデザインは映像からでもよく分かる、ロールボトムやVEEボトムでスピーディでスムースなスタイリッシュな動きのロングボーディングを見ることができます。

この時代のサーフボードをそのまま再現しているのが、クーパーデザインです。マリブフォイル、VEEボトムともに、60年代の終わりにオーストラリアからカリフォルニアへと持ち込まれた(当時の)最新テクノロジーが盛り込まれたデザインです。

このデザインを発展させ、現代まで守り続けてきたのがご存知、ディスプレイスメント・ハルです。クラシックスタイルのロングボードデザインはノーズライダーだけではないのです。

ポール・ウィツィグは、この作品の翌年1969年には「EVOLUTION」、その翌々年には「SEA OF JOY」を発表します。

69年の「EVOLUTION」では、ウェインリンチが7.1のスタビーでラディカルなカットバックを決めて、世界中のボードを短くしましたが、映像に登場するボードはロングボードが少し短くなったくらいの長さが主流でした。

2年後、1971年の「SEA OF JOY」ではロングボードはまったく消え去っています。サーフボードは短く、ノーズはとがって、ロングボードの名残さえ残っていません。(登場するサーファーが「HOT GENERATION」とほぼ同じで、ボードと乗り方とファッションが変わっているのが面白いところです。)

フィッシュが生まれ、ダウンレールというデザインが生み出され、わずかの間にサーフボードが劇的に変わっていった興味深い時代です。

ロングボードの刹那のデザインも魅力的ですし、その後の時代に生み出された、現在オルタナティブボードと呼ばれているフィッシュやボンザーなどのデザインもこの時代の産物です。

これら一連の作品、機会があれば見てみると面白いと思います。ロングボードもオルタナティブボードも、改めて今までとは違って見えてくるかもしれません。

SEAWARD VESSELのクラシックピンテールの画像が届きました。

派手です 笑。どうですか?

実は私、ラウンドピンテールが好きで今乗っているスクエアテールのCCスライダーの前はずっとラウンドピンに乗っていました。久しぶりです。早く乗りたいです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
ピンテール、クラシカルでカッコイイですね!鮮やかなカラーリングもGOODです!
t.s 2011/02/05(Sat)00:40:07 [編集]
無題
ありがとうございます。

外見の次は「海」で、ですね。楽しみです。
menehune 2011/02/07(Mon)19:39:26 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!