MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1576] [1575] [1574] [1573] [1572] [1571] [1570] [1569] [1568] [1567] [1566]
仕事が終わって、さあ明日の休みは海へ行こうと会社から外へ出た瞬間の開放感。

まだ暗いうちに起き出して、愛用のサーフボードを車の屋根にくくりつける。

寒いよりはやっぱり暖かい季節の方がいい。

早朝の静かな街をスムースに走り抜けて、友人との待ち合わせ場所へ向かう。

たわいもない馬鹿話。通いなれたいつもの道。そしていつもの場所での波チェック。

防砂林の向こうを見渡した瞬間、朝日に照らされた無人のブレイクがきれいに崩れた。

急いでウェットスーツに着替え、ボードにワックスを塗り重ねる。

まだひんやりとしている砂浜に足を踏み入れたときの感覚。

そして海へ。

沖からきれいに崩れてくる波を見ながら、テイクオフする場所へとパドルしているとき。ワクワクして顔が自然とほころんでくる。

沖へたどり着き、ボードにまたがって岸を振り返ってみる。朝日に照らされた防砂林から、自分と仲間の足跡だけが海へと続いていた。

沖にうねりが盛り上がる。セットのラインがいくつか見えた。

波が崩れる場所を予測しながらパドルで移動して波を待つ。

立ち上がってくるうねりに背を向け、ゆっくりとパドルを始め、すぐにやってくるであろうその瞬間を待つ。期待と緊張が混じったその瞬間にしか味わえない感覚。

パドルする腕に力をこめ、スピードを上げる。

身体の底から持ち上げられるような感覚とともにサーフボードはさらにスピードを上げる。

サーフボードが滑り出した瞬間に感じる波の力。

サーフボードに胸をしっかりと押し付け波の力と一体になった瞬間に緊張は一気に解けて、喜びは最高になる。

無意識のうちに身体が動いてサーフボードの上に立ち上がる。海水でできた斜面を滑り降りるときのスピードと波の感触に包まれる。

スライド、グライド、ドライブ、そしてスピード。

波の終わりを見極め、ライディングをしめくくるように波の背を越えてプルアウトした瞬間。

そして最高の気分で沖へと戻る。

高く強くなってきた日差しを顔に感じて、これから始まる一日に期待が高まる。


すべては波乗りがくれる楽しさ。



今月は定休日の他、11日(金)と15日(火)にお休みをいただきます。15日は横浜で開催されるトレードショー、インタースタイルへ行ってきます。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
思い出しました
波乗りに行かなくなって約5年。
そろそろロングボードも手放そうかと思っていました。
でも、このブログを読んで思い出しましたよ!
あの何とも言えない感覚を、あのスピード感を!
暖かくなったら海に行こうと思います。
小さなオヤジ 2011/02/09(Wed)23:05:47 [編集]
無題
こんにちは!最高のコメントをどうもありがとうございます。

そんな気持ちになっていただけると、私としては最高にうれしいです。

楽しむことが一番です。

暖かくなったらぜひ!


menehune 2011/02/10(Thu)19:29:11 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!