MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1679] [1678] [1677] [1676] [1675] [1674] [1673] [1672] [1671] [1670] [1669]
これから本格的に使うつもりなので、キズをすべて直してオーバーホールしてあげました。31年前のボードにしてはいいコンディションですが、レールに水を吸いそうなキズがたくさんあります。

キズをサンディングして、樹脂をのっけて固まるのをまってサンディング。


小1時間ほどでリペア完了です。バフ仕上げは面倒くさいので、ボトム全体とレールをサンディングして、ウェットサンディング仕上げにしてみました。

これでキズを気にせず海で使えます。フィンもBOXの中でカクカクして気持ち悪いので調整しました。フレックスフィンじゃないほうがいいような気がします。

なべぶたと言うよりは、お多福みたい。

さて、こいつのボトムはシングルコンケーブだと書きましたが、こんな感じにばっくりと掘られています。

このニーボードにかかわらずボトムのコンケーブが機能するにはある程度のスピードが必要だと思います。そしてコンケーブが機能し始めると、浮き上がるような感覚がありますが、実際は逆でボトム方向へ向かって押し付けるような力が働いています。その力でたくさんの水を後ろに流して(つまりボードは前へ進んで)いると考えられます。

たぶんスピードが出るので「浮いてくる」ような感覚になるのだと思います。ほんとに浮いちゃったら大変ですもん(ハルボトムのような排水型でスピードを出すボードは浮いてるかも…)

そんな感覚もニーボードだから強く感じるんだと思います。これからどんどん使って、ハル気味のニーボードフィッシュ(ドロンパボードです)とボトムの感覚の違いを楽しんでみたいと思います。

面白いですね。



Yさん、クーパーデザインのロービングきれいに出来ましたよ。こんな感じでいかがですか?
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!