MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7
11 13 15
20 22
24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(09/23)
(09/12)
無題(返信済)
(08/22)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1720] [1719] [1718] [1717] [1716] [1715] [1714] [1713] [1712] [1711] [1710]
夏なので、というわけではありませんがサーフマットが入荷いたしました。コレです。


今回は私が書いた図解入りのマニュアル ”HOW TO SURF............mat” を特別にお付けします。まあ、あんまり約に立たないかもしれませんが…。

こんな感じです。

ドルフィンスルー
これは私もまだ修得していません(すいません)。 マーク・トンプソンさん曰く、「両腕(ヒジから先の部分)でエアマットの前側を両側から抱え込みつつ、腹からモモを使ってマットの後ろ側を身体で抱え込んで沈む。」「パワーが必要だ。」…ということでした。

両腕で前方を抱えてアタマ方向から潜ろうとするとマット内部のエアが後ろに移動して、お尻が沈んでくれません。おそらく全身マットを抱えて潜るような感じだと思います。上手くいったらブログで書いてみます。危険がすくないコンディションで練習してください。

大きめの波が目の前で崩れたとき私はこれに近いことをやっていました。ノーズを前から両腕で抱え込んで、腹とモモでしっかりとマットを挟みこんでスープを耐えていました。リーシュを付けられませんがワイプアウトのときには手でつかめるので身体から離れることはあんまりありません。万一手放してしまったとしても、足ヒレがあるので追いかけるのはとても楽です。他のサーファーにぶつけてしまっても大丈夫です。


出来てないことが書いてある変なマニュアルですが、サーフマットのマスターに聞いたそのままをお伝えしております。

それからこんな感じです。

ロッカー
サーフマットは身体がサーフボードです。マットのロッカーも身体で調節することができます。ターンのときには身体を反らしたり手を使って持ち上げてロッカーを増やします。スピードに乗って滑っているときには抵抗をできるだけ減らすように平ら(フラット)になって滑ります。身体をねじる、ひねる、マットもそれに反応してくれます。

サーフマットの最大の特長であり面白いところがこの柔軟性だと思います。波の上でサーフボードを自分の思い通りの形に変えることができるのです。波を滑っているときには空気というクッションを通して、マットの下に流れる水がダイレクトに身体に伝わってくる感覚は結構病み付きになる気持ちよさです。他のどの道具よりも滑らかで速いのがサーフマットなのです。


マークさんにもらったサイン入りの写真もおまけに差し上げます(写真は二種類です)


明日はお休みなので休み明けにサイトにアップいたします。

お楽しみに。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
ありがとうございます。参考にしてみますね!
リンゴくん 2011/07/20(Wed)23:15:32 [編集]
無題
こんにちは〜
直メールいただければ、お送りしますのでどうぞ。
menehune 2011/07/22(Fri)07:07:15 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!