MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7
11 13 15
20 22
24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(09/23)
(09/12)
無題(返信済)
(08/22)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1722] [1721] [1720] [1719] [1718] [1717] [1716] [1715] [1714] [1713] [1712]
サーフマットで波に乗るからマットサーフィン。分かりやすいですね。でも実際にやってみるとよく分からなくなったりします。

エアマットに乗って波が来たらバシャバシャとやって波押されて岸に向かって真っ直ぐ滑っていく。それもマットサーフィンと言えなくもないですが、それはとても海水浴場的な光景でもあります。

マットサーフィンはそれとはかなり違います。マットでサーフィンするのです。

波のピークから滑り出して、サーフボードと同じようにボトムでターンをして波のフェイスを走り、カットバックやカービングターンもしちゃう。そうやって滑って初めてサーフィンと言っていいと思います。

サーフマット、なんとなく簡単そうなイメージがありますが、実際にやってみるとそれほど簡単ではないことにすぐに気が付きます。

難しいんです。

フニャラカした空気が入った袋をコントロールするんです。サーフボードでは当然のフィンやエッジ、しっかり硬いレールというものが無いのです。ロッカーだって簡単に変わります。

これは先日のブログの写真です(今日もマイクさんからチューブの新しいシークエンスが送られてきました)

よーく見てください、マークさんの右足を。

フィンを波に立てて、ストールしています。

上の写真には続きがあります。フィンを使ってストールしてスピード落として見事チューブの中へ。

よーく見てください、マークさんの手を。

左手はマットを握り締めて、右手は軽~くマットの上においてリラックスムードです。

それから一枚目はマットに真っ直ぐ乗ってムネをくっつけ気味にしているのが二枚目では上体が起きて肩の線が気持ち波の方向へ向いています。チューブの中でテールが持ち上げられながらうまくバランスが取れています。

マットは柔らかいからマークさんの動きを水面にダイレクトに伝えているはずです。

マットでただダーっと走っているだけのように見えるかもしれませんが、身体のあちこちを使ってトリミングしています。

身体の下からはマットの空気を通して水が流れる感触がビンビン伝わってきているはずです。

想像しているよりもずっと奥が深いサーフマットです。波と一体になるというのはこんなことを言うのでしょうか。

マークさんちょっとだけ、どや顔です。


サーフマット、ホームページにアップしました。

海水浴規制のビーチで乗りこなして海水浴客のみなさんをアッと言わせてください。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!