MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
6
13
20
26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
(06/11)
(06/10)
無題(返信済)
(06/05)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1784] [1783] [1782] [1781] [1780] [1779] [1778] [1777] [1776] [1775] [1774]

みなさん!パイポやりましょう!!っと突然の呼びかけをしてみる私ですが、どうしてやる人あんまり…というより、ほとんどいないのでしょう。

一昨日波乗りしたときに一番ストークした道具はパイポでした。桐製で川南活さんが作ってくれました。長さ:3’3” 幅:17”3/4 厚さ:5/8 で数字のとおり小さくてしなるほど薄いので浮力はほとんどありません。

ゲティングアウトは、少ない浮力を頼りに顔が海面から出るようにバランスを取りながら足ヒレのキックで進みます。プールで使うビート板よりも浮力はありません。波待ちは立ち泳ぎに近いものがありますが、かすかな浮力を頼りになんとか浮いているという感じです。

私の場合この浮力のなさがキーポイントなのです。いったん波を捕まえて走り出すと、この板切れがスゴイのです。

私のやりかたは、波を滑り始めるとパイポを胸の下に置いて手はパイポから離します。両手を腰の後ろで組んだり、スーパーマンが空を飛ぶような格好をしてみたりしながら滑ります。

そうするともう本当に胸で波の上を滑っている感覚になります。目線は海面から20センチ。ものすごいスピード感と滑走感です(想像してみてください)その感覚の強さは他の道具とはまったく異次元です。きっとだれもが声を上げてしまうはずです。滑っているというより飛んでいるみたいです。

滑っているときにはパイポの存在はほとんど感じません。薄いパイポが身体に密着して身体の一部になっているようです。身体を傾けるとパイポのエッジを感じながら向きを変えることができます。まるで身体にエッジがついているかのように感じられます。

海面から20センチのところを猛スピードで滑走しながら、アタマの上の崩れそうなリップに追いつかれないように滑っていくときの感覚はスリリング以外の何者でもありません。何か動物になったみたいなワイルドな気持ちになります。

必然的に最後はこんな笑顔になります。これはほとんど波打ち際の砂の上です。

こーんな楽しいパイポサーフィン、やらない手はないですって。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!