MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1803] [1802] [1801] [1800] [1799] [1798] [1797] [1796] [1795] [1794] [1793]
オーダーフェアでご注文いただいた、AIDENTIFY(アイデンティファイ)のMODEL-Sが入荷してきたのでディテールをご紹介いたします。きっちり二週間であがってきました。

まずはファスナー。ドライスーツのファスナーのように完全密封ではありませんが、通常のファスナーと同様の上げ下ろしの楽さと柔らかさで、海水を入りにくくした簡易防水ファスナーのアップです。

ファスナーの凸部の先端をよーく見てください。細い切れ目が入っています。ファスナーを閉めるとこの部分のへこみがファスナーの凹部にあるパーツ(拡大してよく見ると分かります)と噛みあって、海水の浸入を減らしてくれます。

そして、それでも侵入してきてしまう冷たい海水は二つ目のバリアでシャットアウトされます。

インナーネックがバックジップモデルにもジッパーレスモデルにも標準装備されています。スーツの中へ入ってきた水はここで止まって、ファスナーの下部にあるドレインホールから外部へと排出されるしくみです。

モモの後ろにはニューロゴがプリントされますが、ヒザ裏にも注目です。普通は縫い目がある場所も一枚の生地で作られて、縫い目からの破損を最低限にしています。(ヒザも同じです)


採寸は、10年間腕を磨いてきたワタクシめが責任持って担当させていただきます。

AIDENTIFY、AXXE CLASSIC、ZERO、オーダーフェア開催中です(もちろんSTEAMERもオーダー承り中です)

オーダーお待ちしております。

オマケ。

たまにはおじさんたちもアイドル萌えしてみる?

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!