MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1946] [1945] [1944] [1943] [1942] [1941] [1940] [1939] [1938] [1937] [1936]
巷の評判では、今週のTHE DAYは木曜日らしいです。

4月12日(木)午前6時 波高&風向予想図

アタマのキズは軽く押してみてもそれほど痛くないくらいに治ったし、モモも問題無さそうなので、今度はばっちりでしょう。いまから楽しみです。あとはカメラの充電を忘れないようにしておきます。

いまちょっと気になっているのが、ナブスターフィン。ケリー・スレーター様が使って話題になっているちいさなフィンです。5.6のツインスタビのセンターフィンに付けたらどんな感じかと気になっています。

ベースが広くて高さが無いということは、ボードを走らせるような場面では広いベースでの直進性が高まって大きなターンではスピードとドライブが増してくれて、角度があるターンのときには高さが低いので邪魔にならないというリクツだと思います。クアッド+ナブスターじゃなくて、ツイン+ナブスターではルースになりすぎてしまうかな?

ボンザーのサイドフィンに似ていると思います。スピードは増すけれども、サイドフィンとは違うあの感覚を考えていたら気になってしまいました。

面白そうなので、手に入れて試してみたいです。

さて、今日はすっかり暖かくて本格的に春が来たという感じですね。なんとなくウキウキしてくるのは私だけじゃないと思います。

春の日差しと暖かくて心地よい風に吹かれていると、ふっとある情景が浮かんでくることがあります。

人の気配はほとんど無い無人駅のホーム。ベンチの上に簡単な屋根をかけただけの待合所。目の前は春の日差しに輝いて穏やかに広がる海。右手に見える岬は学校のグラウンドになっていて、青い海をバックに子供たちが遊ぶ姿が見え、遠くからその声が聞こえてきます。そして海の中、岸からそれほど遠くないところには何本かの支柱に支えられた建物がぽつんとたたずむようにあります。

もう30年も昔に見た光景。ただ通り過ぎただけなのか、何か用があってそこに行ったのかは思い出せませんが、その場所の景色が好きで何度か見た記憶があります。季節はいつも春。それとも穏やかな内海の光景が春の海の記憶になっているのか、はっきりとは思い出せませんがとても気持ちの良い海の記憶です。

今はどうなっているのかとグーグルアースでバーチャルトリップしてみました。

グーグルマップで辿って行くのはトンネルばかりの新しくできた路線ではなく、山深い駅にいくつか停車したあとに海沿いに出て走る古くからある路線です。記憶にある駅の名前を見つけてストリートビューで見てみるとありました。



もう少し写真の奥側から海を見たかったのですが、写っている電車が邪魔をして海が見えません。建物は無くなってしまっていますが、海の中に痕跡が見えます。電車の向こう、右手奥に見えている平らな岬が学校のグラウンド、海は有明海です。海の向こうには島原半島が見えています。

衛星から見るとこんな感じです。海沿いに走る線路と海の中の建物の跡、それにグラウンドが見えています。


衛星写真では情緒も何もあったものじゃありませんが、想像してみてください。穏やかに輝く海。海に突き出た学校のグラウンド、海べりのひなびたローカル駅、海の中にぽつりとたたずむ不思議な木造の建物。暖かい春の日差し。

もうひとつは当時住んでいたところの近く。地図を見て、上下左右どちらへ行っても海に突き当たってしまう土地。海が一番近かったのは上の方向。友達に借りた自転車を漕いで行くと、登り坂の右手に大きな内海が広がります。

ストリートビューで見てみました。

昔は家は一軒もなく、ただ緑の野原があってその向こうに海が広がっていました。

どちらも海が好きな子供時代のお話です。

なんだかどこかへのんびりと旅したい気持ちになってきました。

春ですね。








この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!