MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2060] [2059] [2058] [2057] [2056] [2055] [2054] [2053] [2052] [2051] [2050]

1967年製のロングボードにワックスを塗りました。まだ波は少しありそうなので明日使ってみようと思います。あらためてサイズを測ってみたら、9.6 x 22 1/2 x 2 3/4でした。当時にしてみればかなり薄いシェイプだと思います。幅は60年台後期の方が広めになってきているようです。以前乗っていた68年のホビーのVEEボトムは、23 1/2くらいあったはずです。

フィンはこんな感じ。ピヴォットタイプですね。


1968年のピーターセンパブリッシングのSURFING YEAR BOOKで、当時のボードデザインを見てみると、厚みのバランスとレールラインの取り方をこんな感じに分類していたようです。

このハンセンは一番下のタイプですね。ノーズは完全なアッパーレールでデッキはほぼ平らで薄くスクープされたノーズがどんな感じなのか楽しみです。ノーズは薄くて軽そうだから動かすのも軽そう。

ちなみに一番上のタイプは今でも、ハルのシェイプに残っていますね。当時はこれがミニガンだったようです。

ハンセンが作られた翌年の1968年をまとめた本ですが、ロングボードはすでに跡形もありません。このハンセンは本当に最後のロングボードだったみたいです。でもそのシェイプはショートボードにも応用されていたというのが興味深いところです。

はたして、このボードにワックスが塗られたのは何十年ぶりだったのか…?







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!