MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2061] [2060] [2059] [2058] [2057] [2056] [2055] [2054] [2053] [2052] [2051]

45年前のロングボードに乗ってみました。こんなデザインのヴィンテージボードだけにひとくせある面白いボードでした。。

厚みは2 3/4と薄めにシェイプされていますが、重量のおかげなのかスピードが付きやすくテイクオフは思っていたよりスムーズです。ボトムターンで軽くボードは向きを変えてくれます。この辺は大昔のボードとは思えません。

波を横に走ってみると、ハル同様のコンベックスボトムのスムースな感蝕。レールが薄めなのでどうしてもフラフラとしてしまいがちです。微妙なコントロールは丹田にしっかりと力を入れてボードを押さえ込みつつ、足首でクイックイッとレールを入れるようにしてあげると面白い反応が返ってきます(うまく書けない…)自然と上体を反らしてボードに加重する、ロングボードらしいスタイルになるのが嬉しいです。

カットバックはテールをキュッと沈めてクィックに向きを変えるのがいいみたいです。レールが薄くてエッジもないコンベックスボトムのボードはターンをホールドするのが難しいのです。最初は何度もここで転びました。波がもう少し大きくてスピードが出ていれば回れるのかも。

2時間ほどやって、なんとなくボードの扱い方が分かってきたみたいですが、まだバタバタした感じになってるのは自分で分かります。でも波を横に滑る感じはハルの感触でとてもスムースで面白いです。スープの下も楽に走ります。薄いノーズは取り回しが軽くて、ノーズに乗るとしなっているのがわかります(ノーズに行ければその場所でフラフラするボードをコントロールするのが面白いかもです)

45年前のボードということはそれほど感じませんでした。60年代前半の丸太のようなロングボードとは全く違います。このボードがいったいどんな背景でシェイプされたのか知りたくなってきました。

そしてもう1本はコレ。PRIMO 7’3”です。シェイプ出来上がりました。


カツさん考案のトライプレーンハルコンボボトム(書くたびに何か違っているような気がする…)ハルボトムとコンケーブのコンビネーションです。


企業秘密。ノーズからは水流が優しく流れるようなコンケーブが入って、レールはエッジがなくデッキ側へ向かって上がっています。


企業秘密その2。ハンセンとは違いフィン周りにはエッジがきっちり入ります。VEEは入らずフィンを真ん中にして両側がダブルコンケーブになっているのがミソ。


ルースさとしっかりとしたホールドで、スピードとコントロール性が高いシェイプになっているのがミッドレングスモデルのPRIMOです。

ハンセンとプリモ、性格がまるで違う二本のボードですがそれぞれにそのボードの個性と面白さがあります。ハンセンはクセがありますが、それを考えながら乗るのが面白くて、うまく乗れるといい波に乗ったときと同じような満足感があります。プリモはきっと……、まずは出来上がりを楽しみに待つことにします。

昨夜はカツさんたちとボードを展示してある、東京ミッドタウンのオークウッドのラウンジに行ってきました。久しぶりです。フランスワインのテイスティングのイベントをやっていて思わず飲みすぎてしまいましたが楽しかったです。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!