MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2182] [2181] [2180] [2179] [2178] [2176] [2177] [2175] [2174] [2173] [2172]
あたらしいニーマシーン、シェイプスタートです。ブランクスのボトムの皮を剥いて平らにならし、ノーズ、センター、テールの位置でイメージしていたサイズをマーキングしていきます。


テンプレットというサーフボードのアウトラインを形作る大きな曲線の定規を使って、サイズをマーキングしたポイントを曲線でつないでいきます。こんなアウトラインにしてみました。ブランクスのどこの位置を切り取るかでロッカーが変わってきます。今回はテールへいっぱいに近づけています。

いい感じのアウトラインができました。

アウトラインが決まったらノコギリでラインに沿ってボードの形を切り抜いていきます。


アウトラインをシューフォームで整え、今度はデッキ側をプレーナーで削ってレールのラフな形状を作り、ボードの厚みを調整します。


こんな感じです。今回はウィングは入れず軽いバンプからテールへつなげていただきました。


ボトムにコンケーブを作ります。プレーナーでおおまかに削って、あとは手作業でコンケーブの形を整えていきます。目分量で削ってから、はかりをあててみるときれいに均等にコンケーブができているのはさすがです。細かい部分を調整してボトムは完成です。

今回はシンプルにシングルコンケーブにしてみました。レールのボトムには長いエッジをつけていただきます。このエッジがどんな感じなのか楽しみです。

レールを作っていきます。触ってみるとテールに近づくにつれてボキシーなレールになっていました。見ていたらノーズからテールまで同じように削っているようにしか見えなかったのですが…。


最後にサインを入れてシェイプ完了です。上の写真ではほとんど形になっているように見えますが、サインを入れるまで1時間10分が経過しています。


ボトムの皮剥きから、シェイプ完成まで約5時間。カツさんお疲れさまでした。ハンドシェイプはタフな仕事ですね見ていただけの私の方がぐったり疲れちゃいました。みなさんのカスタムボードもこうやってシェイプされているんです。


次はラミネートです。軽めのラミネートでお願いしました。色は真っ赤なピグメントにしちゃうつもりだったんですが、気が変わって紫のピグメントに直前変更しました。好きなんです、紫色。

5’6”x 22”1/2 x 2”1/2 スワローテール クアッド 出来上がりが楽しみです。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!